Homebase Diary
Text Size :  A A A
  diary  |  hotaka  |  profile  |  works  |  bbs  |  contact  |  Link  
Img_1e8a72745e9bb5fdc4af8e330d49b9cf
毎年、書初めの指導は僕の役割です。
今年、中二の次男の書初めは「自然の神秘」を書くという。
書き初めるにあたり「どんな神秘?」と聞くと、
「葉っぱとかがキラキラしている感じ」と答えた。
その光景をイメージしながら書いたのがこちら。
左利きながら達筆です。
Img_c4af4886f50d7304d4499fe078480ec5
来る11月15日(日)「ホームムービーの日 in 安曇野」の開催が決定しました。安曇野での初開催となります。昭和30年代から50年代の安曇野の風景を8㍉フィルムの映写機を使って上映します。ご近所の方はもちろんご興味のある方、是非お立ち寄り下さい。世代を超えて楽しんで頂ける時間にしたいと思っています。上映会をサポートして頂ける方もお声がけ下さい!どうぞよろしくお願いします。
Img_cf3d82ca78a78ad886f60d15bcb3b006
大変ご無沙汰しております。
会社勤め10年フリーランス10年を経て20年目の今年、
ようやく会社を設立しました。
澄んだ空気と清らかな水、豊かな大地に恵まれた安曇野を拠点に
全国で活動する映像制作会社です。
北アルプスを望むこの地にちなみ、アルプスピクチャーズと名付けました。
これまでの経験を生かし、これからの時代に向けた映像を作っていきます。
どうぞよろしくお願い致します。
ホームページも公開となりました。
是非ご覧下さい。

 (Click!) 
Img_9694070e69dc038f4b9d1fb47b8fe420
あれ?角田さん??
Img_411ce1a279d35325804e2d0e4dbab957
藤野駅までおくってもらいました
Img_d13daef27d19ec455e0d98e3705cd59e
母さんも、念願のフルマラソンのはじまり〜
Img_9b122a8405f01bfefc663cd402973d69
なんだ?この階段は??(神社とお寺に続いてました)
Img_bde756f594c96a61009bb6021ee298ec
おお、もうこんなに進んでるっ
Img_a4aee067a62de4d2aefdb71212eac020
気もちいい〜
Img_0e66319f8aaf544221cdaa18a17f669d
相模遠景
Img_c07216ffa8da2aa24c88b6d606bbde34
20号をひた走ります
Img_3c8e9b324a3b714c07b7d2b27da7bdc8
大垂水峠到着〜!!
Img_31afcf7374b1639f541ff26b084b94a5
まだまだ余裕〜
Img_a4a31accf5e28a3717ce03dbda722b42
合間をみてストレッチ
Img_6563fbbcf780fa9b50545672ae33fdb9
腹減ったっ
Img_97dc993097fc73611992b111b277c8cc
高尾山の麓にて
Img_23b03e012df9dd2ab84ae11be6a7434d
高尾駅前の桜
Img_197a4bf63aaf532b72767a6eaf279644
公園で休憩〜まだまだゴールは遠い
最終日。いよいよ出発。
駅までのバスに乗るために早めの朝食を終え宿を出ると、
丘の上から知った顔が手を振っている。
「駅まで送りますよ」と。
藤野在住の角野さん。
数年前に藤野に移住してものづくりをしながら暮らしている。
我が家も藤野への移住を本気で考えていた時期があったので、親近感が沸く。
お言葉に甘えて駅まで乗せてもらい出発を見送ってもらう。
気持ちよい1日のスタート。
今日は出発から間もなく大垂水峠が待ち構えている。
体力のあるうちに足を進める。
相模湖駅近くの高速道路を跨ぐ形で鎮座する神社で休憩をはさみ、
峠へ向けてどんどん走る。子供たちが先に進み、親たちが二人を追う。
トラックの排気ガスが酷い。これまで走って来た道のりで一番空気が悪い。
母ちゃんは手ぬぐいで口元を覆っている。
険しい坂道を走る、走る、走る。
父ちゃんの膝も調子がいい。
昨晩しっかりとアイシング出来たので功を奏している。
テンポ良く走っていると、思っていたよりも早く大垂水峠(392m)に到着。
やっぱり峠越えは嬉しいもの。
4人揃って峠をスタート。そこからは一気に下り坂。
前へ前へ、軽快な足下のリズムを止めずに駆け下りる。
早春の空気、眩しいくらいの日差しが気持ちいい。
坂を下りきった高尾山口の蕎麦屋高橋で昼食。
峠を越えた安堵感からか、すっかり気が抜けてしまう。
ゴールまではあと25キロはある。
昼食後はゆるゆると中央線沿いを歩く。
なかなか走り出せない。のんびりと、のんびりと。走ったり歩いたり。
廉太郎の足裏も痛み始め、母ちゃんも苦しそうだ。
Img_abf19450fba813a632c294ded500c1bc
久々の大都会、八王子駅前
Img_165a100604ba3d043743d6347e8ff7d6
まだまだ走れるぞっ
Img_2fde7001ed7f485903a0b6c2d7833ec3
キラリと輝く駿平
Img_663e4b37b1dfa28483a2dfedf95f8c21
もう足が痛い、と廉太郎
Img_40e734c812a8e4e7676929b64b9e057b
突然、FBで応援してくれていた木ノ実さんから差し入れがっ
Img_95ab1790af842f33485be145f11bd085
ありがとう!!あと10キロ!!
Img_021a40f98b52f8a3205cb4fa30211a5d
キッツいなぁ
Img_bfe0e3aa6d2f7019558fb1c84c9f4d8b
多摩川が輝いています
Img_cc9ffd0e721e22e3d20d05bcae2b9f0b
立川公園の桜
Img_3edda6e445c74b425a3113b957578502
気持ちのいい公園。ゴールまであと少し。
Img_61c81960fa574d148293bfa17c1a0099
この背中もずいぶんと逞しくなったなぁ。
Img_24a568e13f8a8824d4104e27cf280592
国立の桜並木
Img_0616c2f19a7fc8cdad433e782c797270
日が暮れて来てしまいました
Img_f5fbd0c2addeb218d324752c3f0b80ca
いとこ合流
Img_55c629fb2a3e58154eeb1a51951019f1
ゴールには親戚一同が待ち構えていました!
八王子を過ぎたあたりからようやく走り始める。
時間ばかりが過ぎていく。日野駅でたい焼き休憩。
気持ち新たに走り始め、暫くすると沿道から「こんにちは~」。
この旅をFaceaBookで応援してくれていたパーマカルチャー塾の同窓生が待ち受けていた。
差し入れに一房ずつ剥いたオレンジをみんなで頂く。
こんな形でいろんな人たちにサポートしてもらえて嬉しい限り。
なかなかこんな経験は出来るものでは無い。
ちょっとした思いつきから始まったこの走り旅も、多くの人たちを巻き込みながら成り立っている。
応援してくれている人の中には「今度安曇野まで自転車で行くことに決めました!」と言う人も居た。
駿平との卒業旅行がこんな形で展開するとは思いもよらなかった。
映画の中を駆けている気分だ。
次から次へと現れる人たちに支えられてきた旅。
6日間の道のりを振り返りながら、残された道を走っていく。
日没までにはゴールするつもりでいたけれど、
いつの間にやら日はとっぷりと暮れてしまった。
ゴールまであと1キロというところで従兄弟の家族が合流。
最後は駆け抜けたいとの思いで、無い力を絞り出して走る。
残り100m、50m、30m、20m、10m、、、
最後の角を曲がると、親戚一同がゴールテープを掲げて待っていた。
Img_049e21b482591787fe146ae4247fa382
ゴーーール!!!
Img_e1b64d08f2270a016b2acb1ea0cd5bfd
みんなで集合写真!!
Img_eb822aef944f7eb403e5a6835ec32244
駿平お疲れさま〜
Img_bd32bcaa3852665b7b0b441a16c89744
母ちゃんも廉太郎もお疲れさま〜
ゴーーーーーール!!!!
駿平と一緒にゴールテープを切った。
6日間に渡る長い長い旅もこれにて終了。
すでに日は沈んでしまったけれど、4人が無事にゴールすることが出来て本当に良かった。
応援に駆けつけてくれた皆んな、FaceBookで応援してくれた皆んなに感謝。本当にありがとう。沢山の勇気を頂きました。感謝の気持ちでいっぱいで涙が溢れてきます。最後の2日間を一緒に走ってくれた廉太郎、最終日に合流した母ちゃん、一緒にゴール出来て良かったよ。ゴールで待ちかまえていてくれた従兄弟のみんな、じいじばあば、珠ちゃん、応援ありがとう!
駿平、最後までよく走り切ったね。全行程240キロの卒業旅行。誰もやったことの無いこの無謀とも言える旅は父ちゃんにとっても大きなチャレンジでした。毎日フルマラソンを走っているようなもんだからね。
駿平の背中を押していこうと走り出したこの旅も、気がついたら父ちゃんが背中押されてた。父ちゃんの膝の故障で思うように走れなかったけれど、いつも笑顔で居てくれたことが嬉しかったよ。
この旅が父ちゃんと支えてくれた皆んなからの卒業祝いです。
最高の旅だったな!駿平、格好良かったぞ!
小学校卒業おめでとう!
Img_d8cd2b3ec4cbedbf07234583f0e5163a
3人で初狩をスタート!まだ眠い?
Img_256769322f5631c27698dec2c545bb96
春の日差しが気持ちいいです。
Img_c99be5e2907586f86654b98321f8f3d9
鉄道マニアがあちらこちらに。。
Img_06c5a723219b1b7856df6cef1633c0bd
父さん早く〜
Img_32b132b93fec2d48688638cb4d9166ab
お〜〜〜いっっっ!!!
Img_2dbc1804d40069972dd6a8fc6161776d
スマホを手にした廉太郎
Img_970b4a34c49469ee8eff2d71d64311bc
高度感抜群です
Img_6289e012b15fce8bdb707039597f4d16
水仙があちらこちらに咲いています
Img_86f3edd403c88c39a55ed74a8b43b888
田舎道、結構暑いです
Img_f6b348008e78ce73ca306e1b6adc1c00
猿橋です。猿橋の名前は良く聞くけど初めてきました
Img_dd57d348e89d9c8e527573a98efe8947
日本三奇橋 甲斐の猿橋
Img_d66d0c3c64c4c8f1fc146abab5819beb
ウルトラマン〜
Img_6a07a2f0b2d71ce3f01ce900417c49ef
ご飯屋までダッシュ
Img_5a7d4ea17e4ec706e5ce233fcf1974ce
ようやく昼ご飯
Img_75f073fe42be32bf3b2df1065c0224e0
疲れた〜〜〜
朝食を済ませスタート。
膝が痛むので、しばらくは歩くことに。
今日の行程は32キロほど。
基本的に川沿いに下っていくコース。
舗装もされていない裏道を走っていると、
鉄道マニアがカメラを構えてあちこちに場所を陣取っている。
話しかけると、「ディーゼル機関車が2両連なって走るんだけど、
後ろの機関車は故障しているのでパンタグラフが下りて走ってくるんですよ。
珍しいですからねえ、こういうのあんまり見ることが出来ないんですよ。」と。
廉太郎は走りながら「へ~ただの鉄の塊なのにね」と全く電車への関心は示さない。
10分ほど過ぎた頃、その珍しい機関車が通り過ぎた。
知らなければただの機関車。マニアにとってはとても貴重な瞬間。
知らないと理解出来ない世界だ。
父ちゃんの膝は痛みがピーク。
子どもたちも父ちゃんにあわせてのんびり歩く。
とはいえ、走り旅、なのだから走りたい。
せめてもの思いで競歩のごとく走り(歩き)始める。
これがなかなかいい。軽いジョギング程度のスピードが出ている。
トイレ休憩する二人を置き、先に歩みを進める。
なかなか追いついて来ない二人。調子がいい。
何キロ走っただろうか。
ようやく追いついた二人も「父さん早いよ」と息をきらす。
調子がいいのも束の間。痛みが増してきたので歩きに戻る。
定食屋で昼を済ませ、ゴールの藤野を目指す。
Img_b7d0ee188732e6b426f628a6b6efde74
おい、もう疲れたよ〜
Img_2dcbd4a26107f645a8a536b6a0752b77
リュックのキーホルダーがかわいいね
Img_f6b4068cec81232059a4fbf47662dc4c
暑くて我慢ならず、アイスで一休み
Img_8f7aee146e6017d17269993fb3dcaa25
桜咲く湖畔を進みます
Img_c3159c5b664e1b1fecba6b4c7ad6a41e
は〜もう疲れたってば〜
Img_b5644a855e55e246ba6b06d170d5aa6e
駅はどこだ〜〜
Img_741e8f16b201b3effbde60c2e6c08a24
最後のダッシュ!!
Img_77a129d9fbba351cf827e02c726911dc
もう無理〜〜〜!!
Img_58d8a526b7e482b19307d24f8ecfc7e9
もう歩こうぜっ
Img_896d8f693e7bd743ffc69d9a75b169f5
相模湖!
Img_d50015d3437b3be405d109a8d98fdcbd
母ちゃん合流して藤野芸術の家に到着
Img_6aad82a4237e91a2ce4aec6a02f9ba0b
高橋さんの差し入れの氷、助かりましたっ!
四方津駅で休憩。
母ちゃんと珠ちゃんが乗った特急あずさが通り過ぎるので、
道ばたから見届けようと、タイミングを見計らっていた。
けれども国道と線路が着いたり離れたりしていたので、
結局見逃してしまった。
汗もかいたので、コンビニでアイス休憩。ゴールまで残り僅か。
相模湖の桜は八分咲き。
湖畔を歩き、最後の山道を抜けて藤野駅へやっとの思いで到着。
父ちゃんの膝を気遣いながらスローなウォーキングの一日だった。
駅で明日一緒に走る母ちゃんが合流。
宿での夕食を済ませ、明日の支度をしていると、
藤野在住の友人からメール。「藤野に居るんだ。何か必要なものある?」と。
「膝が痛むので氷を持って来て欲しい」と返事したら、
しばらくして、娘たちと現れた友人。
大量の氷を持って来てくれました。感謝。
夜は痛めた膝をガンガンに冷やして翌日に備えました。
残すところあと1日。何としても自分の足でみんなと一緒にゴールしたい。
駿平の卒業旅行なのに、いつしか父ちゃんが励まされる旅になってしまっている。
Img_2fac6fc2592c3c6d37a4a208c9c39540
おはよ〜 朝だよ〜
Img_fe7512f5167a64886454123bb550fd6d
「禅」
Img_cf923f6142dd302bbb9c152b80fb4a23
泊まった部屋の窓から
Img_8fa3c25877eced421eeace447321781a
花も美しい 月も美しい それに気づく 心が美しい
Img_8f7548d852fc484e9329495041f010f9
住職さんのご夫婦と本堂前で
Img_3be139f235a8047286b445ea5ad91b24
すてきなお庭です
Img_8c9de3ea2d50f87f0430752bf99d07d8
春がもうそこまで
Img_ae35d9de0668360281b8b7fda5eea359
4日目のスタートは能成寺から
Img_dbc957a6ceff667ecae0673e27a7d88e
町には祭り飾りが
Img_d07fd76df77d95d78428c69457acb4fe
かつて葡萄畑だった山も住宅が建ち並びます
Img_fd753f134369390ae8939b63505ea91a
今日は峠越えがあるぞ〜
Img_acb52de1a254c5e6db728ec804a85e88
立川から工藤さん合流〜!
Img_1dfe699712d730802cb4802b096e819e
浅草橋から沖村さん合流〜
Img_43a3344ba0b43429704ea27e5852c326
今日は男4人で頑張るぞっ!
Img_7ead971f5b153b3b134c63962f8cd77c
笛吹川の土手をせっせと走ります
能成寺で起床。
ご住職さんと共に朝食を頂く。
こちらのお寺には海外の方が来ることもあるそうで、
「英語を話せるようになった日本人は増えたかもしれないけれど、
外国へ行くにしても日本人としての教養や生きていく上での考え方など、
その人なりにに考えを持っていないといけない。
英語はあくまで道具であって、道具だけ持っていても何にもならない。
人としてしっかり立っていないと。」と。
朝から息子と二人いい話を伺った。
朝食を終え部屋で出発の支度をしていると、ドンドンドーン、と花火の音が鳴り響いた。
駿平が庭に居た住職さんに「今のは何ですか」と聞くと、
「駿平くんを送り出す祝砲だよ」と、笑顔で答えてくれました。
お寺の玄関には「花も美しい 月も美しい それに気づく 心が美しい」と
隅々まで気の行き渡ったお寺に相応しい言葉が掲げてありました。
出発前に本堂前で記念写真。
お別れの握手を交わし走り出す。
振り返ると遠く小さくなって見えなくなるまで見送ってくれていました。
望月さん、能成寺のみなさん、とても素晴らしい時間をありがとうございました。
また必ず遊びに行きたいと思います。

日曜日ということもあり、交通量も少なく静かな街を走り出す。
411号を走っていると前から真っ赤なスポーツウェアをまとった友人工藤氏が登場。
今日1日一緒に走ってくれることになっていた。
膝の痛みを我慢しながら、ゆっくりと走る。
そしてFaceBookを見て走りたくなった、
という大学の友人の旦那沖村氏も合流。午前中一緒に走ってくれるという。
頼もしい味方に囲まれ楽しいランニング。
Img_51e83b5141befe43772be966127ddafe
桜〜
Img_ba2f2d9f8f33f5a444bc9179689df032
トンネル通過〜
Img_359fe39b4a5cd532101dc20df894d684
坂道登りきりハイタッチ!
Img_aaae5ac974614a002a549d98e658d724
営業中の中華屋発見!!
Img_f15f235987e3494768a46681bef7f77f
イカ下足の唐揚げ、絶品!
Img_1340d0321a1416909504c84deb2b4080
甲斐大和の街並
Img_f29768539d45ead98841892d330d2753
いざ笹子峠へ!
Img_9ab85fe09174d7d6c684aa92cf9969de
急な坂道。前進あるのみ。
Img_5f43b5353c38d420ab0339a7136399cc
車は通行止め。でも歩きならいいかな。
Img_0356d37c82d199ebb33ab5cedae24e2b
道無き道をショートカット
Img_9546c95260dfa8067bda79f9c425a969
道には小枝が散乱、
Img_863570024d115f7217264b3c7e08170f
登山道は崖崩れ、
Img_2f8c156c571330a55a5eabf679c60efb
暗い森の中を前へ前へ、
Img_d75e6008934c48dbd333da7316c96032
峠まであと少し、
Img_70dba25a3b79d0eb146717bdf85cd7fc
やった〜!笹子峠制覇!!
笛吹川の土手を走り、勝沼ぶどう郷のあたりでは、ぶどうの香りが漂ってくる。ワインの試飲も出来るお店があったが、流石に手は出せない。お喋りしながら足を進める。甲府盆地を背に坂道を登っていくと20号に合流。
盆地から山間へ景色は一変し、口数も減ってくる。
そうこうしているとお昼になったので食堂を探す。
日曜ということもありどこも閉まっている。
峠越え前に腹ごしらえしておかないといけない。
遠回りになるが、甲斐大和駅まで足を伸ばすことに。
けれども駅前の山崎パンも定食屋も日曜休業。途方に暮れていると、
「営業中」の札が出た中華屋さんを発見。
「やった~」とみんなで歓喜。
お昼ごはんにありつけたことが本当に嬉しい。
そしてこの時に食べた塩味の効いたイカ下足の味に皆感動。
食卓を囲んでご飯を食べることが出来る幸せを噛み締める。
午後予定のある沖村さんを送り出し、笹子峠を登り始める。
左右に曲がりくねった県道。近道出来るところはショートカット。
中央高速を眼下に眺めながら、田舎道を歩くような速さで進む。
梅畑の中を歩いていると、何かがおかしい。いくら旧道といえども、
こんなに狭い道なのか?
携帯で地図を検索するとこの先は行き止まり。
ショックを受けながらも、歩き始めたところへ引き返すしか選択肢は無い。
昨晩、登山経験豊富な望月さんとの会話の中で、
「近道があっても正規のルートを進まないといけない。
 ついつい近道したくなるけれどそいういう時に事故が起きる。」と話していたばかりだった。
言葉で聞いていてもなかなか実感として落ちていなかったことを反省。
再度、気持ちを入れ替えて県道を進んでいく。峠まで6.2キロ140分の表示。
空は曇り空。一旦は雨マークの消えた天気予報だったけれど、午後から雨の予報に戻っていた。
早川町の池田夫妻から「雨大丈夫?」のメール。
時折顔に雨粒が落ちてくる。返信する余裕も無く、とにかく進む。
すると、道路を塞ぐゲートが出現。
「全面通行止」
冬期期間中は一般車の乗り入れが全面通行止めとなっているのだ。
こちらは車では無いのでそのままスルー。
ゲートを抜け、木の枝や落石などが散乱している212号を登り始める。
体力的には余裕があるものの、膝の痛みは増している。
ゆっくりとゆっくりと誰も居ない県道を走る。
静かな道は、多少辛くても緑を楽しみながら走ることができる。
峠までの道のりを半分残していた頃に小雨が降ってくる。
県道から分岐して登山道の入り口が現れた。
地図には出ていないが、峠への近道であることは間違いない。
ただ、冬期は誰も入っていない道なので、歩ける道なのかどうかわからない。
少しでも早く峠を超えたい。雨も降ってきた。先ほどの反省もあるので迷ったけれど、相談して山道を進むことに。
登山道の入り口こそ木の階段があったけれど、すぐに獣道のような細い山道になってしまった。遠くに近くに見え隠れする212号線。
雨足が少しずつ強くなってくるが、森の中なのでさほど気にならない。
いつしか携帯は圏外になってしまった。誰も頼ることの出来ない状況に不安が募る。
3人の口数も少なくなり黙々と前へ進む。
すると、突如目の前に現れた舗装道路。「よしっ!」
これでようやく元の道に戻れる。
ガードレールに峠まであと0.6kmの表示。
随分と進んでいた。
喜びと共に峠まで3人全速力。
峠に着いた時の喜びはひとしお。
雨が振っていても全く気にならず3人ハイタッチ。
この旅の最難関の峠を制覇した喜びを分かち合った。
Img_039154c94539c15039e15bc87834db20
笹子隧道は真っ暗なトンネルでした
Img_6a52840729de755cf973cb06935697ee
下り坂ダッシュ!!
Img_7a4df0d4c9ee60c800c7eb3b482b35f9
全面通行止 終了〜
Img_48bd0e25889cbc85b104629d5c1e5c02
立矢の杉
Img_0cc884f55e1bb493818bf55860f643cb
下り坂ダッシュダッシュ!!
Img_8c365edec16966420b0bfa6a02044423
気もちいい〜〜
Img_df971c42a771bdb175248e412ba3ed85
残りの力を振り絞り走る国道20号
Img_19f26c1c48271bdc7b5f58a39ffcea6f
もうすぐか、もうすぐかっ、、
Img_910adc416b16e28592a8f9d31c510aa2
あとちょっと、あとちょっと、、、
Img_fefa0fb9b8b21e6a99a87745db1dc93d
ゴール!!
Img_a8abc48add2f9c4fdedb9eebd4b5aff8
お疲れさま〜〜〜!!!
Img_e9b5b96f51620e024d652ac31bc85fac
廉太郎が合流。嬉しいね。
峠のトンネルを通り山を下っていく。
心も軽く飛ぶように走っていく駿平と友人。
僕は膝が痛むのでマイペース。
下る途中に立矢の杉という杉の大木が聳えていた。
存在感があり、木の袂で小休止。
昨日頂いた差し入れのオレンジを味わいながら平らげ再スタート。
下りは早い。登る時間の5分の1にも満たないだろう。
あっという間に国道に出る。そこからは国道沿いを走っていく。
あと少し、あと少し、と思いながらもなかなか初狩駅は見えて来ない。
痛みから一秒でも早く解放されたい思いから、
足取りは早くなっていく。
6キロ、5キロ、4キロ、、、
ようやく見えて来た初狩駅の看板。
2キロ、1キロ、500メートル、、、
ゴール!!!!
国道を1時間以上走ることになってしまったが、
ゴールの初狩駅に辿り着いたときは本当に嬉しかった。
これまでに無い達成感。3人無事ゴール出来て感無量。
駅前の宿に入り風呂で汗を流しビールで乾杯!
伴走してくれた工藤さん、ありがとう。
長く辛くもありましたが、それ以上に素晴らしい一日となりました。
食事前には明日から一緒に走る廉太郎が合流。
また心強い味方が現れました。
Img_7c2b92d45725ec1d6c9d566c983f1d50
少年ケニヤ
Img_63121d4a064097643c82b3768f919db3
白雪残る甲斐駒ケ岳
Img_186bf7a38bfcb24afcc4ddf69a5032b4
旧道は静かです
Img_cea4f3e8e813691abd2cce9fe6a60bac
日本の道百選 甲州街道 台ヶ原宿
Img_3f0089b456c41d433ed5b4153d9c01f4
川沿いを走ります
Img_50e84053f6ad54326ad2aab540024b0b
ここは甲州街道の古道だそうです
Img_9282c55d0300d9eb8cf5865f3511c983
梅が満開
Img_354121ef9d2777c36c7ab7e4745dbf79
小さな小さな花一輪
Img_7291f9b0406faee009104411e9c9fc85
ヒョイッと足取りも軽い駿平
Img_002e500a3df48add2fc7f54d2a1246a3
洗濯休憩〜
Img_2709039a130bbff1d70101e7db086cc9
忘れ物をを届けてくれた宿のご夫婦
Img_a8a52bda284f01b5dee691464ecff3d1
フェイスブックのコメントに思わず笑顔が
Img_7c9658eb1b4655a57614da7751e8ad8b
さぁ、走るぞ〜
Img_6dc5e2a3a11a3df3c7745861bbafa741
お疲れ〜、と池田夫妻登場
Img_bfb2c1e6f42e6bb31f0fc17523f54aef
差し入れの果物、美味しかった〜
8時スタート。
南アルプスを右手に、左後方に八ヶ岳を見ながらの下り坂。
朝の空気が冷たく、上着を1枚余分に着込んで走り出す。
かっ飛ばして行きたい所だが、両膝が痛むので、ゆっくりペース。
昨晩洗濯した着替えが乾いていなかったので、コインランドリーで乾燥機にかける。
すると宿から電話が鳴る。「忘れ物があるよ~」と。
今更戻る訳にも行かないと思っていると、「今どこ?これから韮崎行くから車で届けてやっから~」と。
ありがたい。今居る場所を伝え、衣類が乾くのを待ちながら宿の人も待つ。
その間、駿平と俳句ごっこ。
「疲れたな 元気にゴール 出来るかな?」
など適当なことを言っていると、駿平は、
「さみしいな たまには家族に 会いたいな」と。
笑顔でいるけど、本音が垣間見える。
そうこうしていると宿のご夫婦が到着。忘れた充電器を受取る。感謝。
気持ちを入れ替え甲州街道の旧道や古道を抜けていく。
舗装すらされていない道は、トレイルランさながら。
ぶどう畑を抜け、田んぼを抜け、森の中を抜けていく。
梅はあちらこちらで満開。桜の蕾も膨らんできている。
韮崎に入ると、3年前に早川町という山梨の山奥に家族で移住した大学時代の友人が沿道で待ち受けていてくれた。
走り始めたことをFaceBookで知り「近くだから何か差し入れにいくよ」と言っていてくれていた池田夫婦。
近く、と言っても車で1時間以上走らせて来てくれている。
常識の距離があまりにも違うので笑ってしまう。
果物のリクエストをさせてもらったらバナナ、オレンジ、カットパイン、水の差し入れを頂く。
疲れた体に甘みが染み込んでくる。ありがたい。嬉しい、本当に嬉しい。
Img_321828ffb7cb87d7f60492b0b2391eb5
池田夫妻と。駿平が一番冷静。
Img_aa7e2113747008cf9f710054af93030d
頑張れよ〜、と見送ってくれました
Img_0df11234043c9512ba9b7cc65053c549
走、走、走、、、
Img_b4a39a6d6cf80f491e8eb09bbf6619a1
はぁ、疲れた、ちょっと歩こう〜
Img_28177886219be8d318cc3dfcabdf101f
「RIVER」って何??と駿平。え?解らないの??
Img_250c29674db6333e766ccfeb937b1188
若い情熱!世代交代!!
Img_222fb70606029a5fc32156a06363156b
モリス家、安曇野から合流〜
Img_77f7b19c84a6a167c4724f8fd28019c5
みんなで一緒に頑張るぞ!!
Img_40e429b25a8e6c0da978c3031f9858b4
父ちゃん運転お疲れさま〜
Img_ba07050374d4a786d7c1c1c05c4883a4
僕だって走るんだっ
Img_a89567d38686b98405c00b03299166d9
仲間が増えて嬉しいね〜
Img_7131848097c62fa0fe8001d6ac85b8ae
エイッ、ぜんぜんよゆうではしれるよ〜
Img_c868e3fa2d2b23d9762261fc15686ac2
ゆっくり走ろう〜まだ先は長いよ〜
Img_8a5256b8c0fc328e9b80968c9403b659
富士山バックにジャ〜ンプッ
Img_ea5aec3ae7a2d3ffa24d371304428eb1
変な顔〜
奥さんは5月に4人目を出産予定。そんな身重な体にも関わらず応援に駆けつけてくれた。
6日間の長旅の中、こういった気持ちを受け取れることは二人の大きな支えとなる。
ありがとう。勇気を頂きゆるやかに再出発。
韮崎の駅近くでパンを購入し休憩。ここからは街の中を走っていく。
整備された広い歩道。商店街沿いに足を進める。
日差しは強くなって来ている。時折入る応援メッセージ。
その中に駿平と同じ野球チームの友だちの母親から、
「今どこ?一緒に走りたいって子供が言ってるから今から行くよ。」と。
安曇野から高速飛ばして1時間半。早朝からのトレーニングと野球の練習で疲れた体にも関わらず、駿平と走りたい、という思いだけで飛んで来てくれた。
本日の行程を10キロ残した塩崎駅近くでモリスファミリー到着。
駿平の表情が一気に晴れ上がる。
車から駆け下りて来たモリス兄弟。新中1と新5年と5才。
5人の大所帯となって走りはじめる。荷物は車に積んでもらった。
乗って来たモリス夫婦と0才の末っ子は車を走らせコンビニの駐車場ごとに給水してくれる。
普段は基礎トレーニングを教えるトレーナーなので、その辺り抜かりない。
賑やかに走っていると疲れも飛んでいく。
Img_bdf8db9688168ab1bb46de28cb7941a7
おふざけする余裕の5才
Img_2e027e7b36be4f198b5bb349a30b82df
桜の開花までもう少し
Img_b003e353cc890cf744f09f8c23f803a1
銅像〜
Img_5dc11cdf52b0d5aa042e5fce419a1526
走る、走るっ、兄ちゃんたちに負けないぞっ
Img_3481d19dcef60b710931e31f3051c2d5
ゴール!!!
Img_85b7c3c2169805f1c21cba1bcd51086f
入念なストレッチ
Img_8de328c60139bd2bc23f2ebdda4da19f
4男、かわい〜な〜
Img_8f159bce799b08aa3a52c7812e9ca790
望月さん、お世話になります!!
Img_e4f4ec864f2e8f97201225668ce84996
温泉の後の夕暮れ
Img_26e1868df9698d19321744496ec04c19
ほうとうはカボチャが基本だそうです
Img_31af306019ec338a366c7828c6753379
能成寺の皆さんと
Img_6b39d5b36e0819ae418293466a1d5ee8
一日の締めくくりは日記
三男レンくんは5才にも関わらず8キロを走破。
これから先大物になりそうです。
大都会甲府を走り、この日のゴール地点の甲府市役所にゴール。
入念なストレッチをして本日の行程終了。モリス家はこれでさようなら。
長旅の中、駿平にとっても僕にとっても本当に勇気づけられた時間でした。ありがとう!
甲府市役所で藝大の山岳部のお世話をしてくれている望月さんと待ち合わせ。
近年はキリマンジャロなど5~6000m級の山々を登っている登山家でもある。
この日の夜の宿泊先がどこもいっぱいなので宿泊の相談をしたところ、友人のお寺を紹介して頂いていた。
温泉に入り甲州ほうとうを頂いた後、甲府駅から少し離れた能成寺へ。
澄んだ空気の境内を通り大広間のある建物へ通される。
望月さんの小中高の同級生でもあるご住職は、とても気さくに僕らを迎え入れてくれた。
こちらのお宅も4人こお子さんがいらっしゃり、我が家と同じ男女構成。
大学3年生になる三男と奥様も話に加わり、お茶を頂きながらしばし歓談。駿平にも笑顔が戻る。
この日応援してくれた池田家、モリス家、能成寺の樋口家。
我が家と共通するのは皆4人の子育てをしているということ。
(池田家は5月ですが)
面白い巡り合わせです。
夜は望月さんにお借りした寝袋で就寝。
多くの方々に支えられながらこの旅が成り立っているんだと実感した一日でした。
Img_52ab40e9cbad8708c3e1a3b5f944cb07
上諏訪の温泉街をスタート
Img_67f3f0ed40959b149f80883318aa3dc0
あずさの乗れたらなぁ。。
Img_4470a3f526f58956f31e87befadfc0b0
さぁ、走るぞ〜
Img_fee0a0b77223b9754449ff440ccec1f4
どんな一日になるかなぁ
Img_d525b9f5f0262c820894522cbbc40625
3年前、廉くんが休憩した所
Img_6629d1edeb4593a2d6d7329c53511d2d
走る、走る、走る、
Img_00dc9895035abc18e73ceb50e958370c
ふぅ、一休み〜
Img_a2723004db7c7b03cef3e2b7a270e3bf
親子です
Img_a28fabd657fdb82a9e25e3343830b949
ジャ〜ンプ!
Img_f117d1e9a40d07483b9d83c0fe977eff
富士見峠超え〜〜
Img_663ddcb1194096edb91d630628b42493
駅前でパチリ
Img_c657f2d68a66ee741dbfca6f1127c68d
いっただっきま〜す!
Img_dda282c81912a5f6b476734b17454711
飛行機は速いなぁ。。
Img_b8ab233cb9e0730510ada14386a76a05
気持ちのいい道
Img_b0371cf9d6bd254792bba71d53f11397
七笑〜
8時スタート。
温泉街を抜け20号をひた走る。アップダウンを繰り返し、
廉太郎との自転車旅行で昼寝をしたJRの線路の脇の土手で小休止。
茅野の駅を経由し県道を走る。静かで走りやすい。
今日の行程の3分の2は登り坂。
無理せず一歩一歩、途中で歩道が無い所もあるが、
出来るだけ安全な状況を選びながら走っていく。
コンビニで休憩。母ちゃんに渡された梅干を口に入れる。
旨~~~い!!!
体がリセットされる感じがする。
緩やかな登り坂のジャブが効いてくる。
11時を過ぎた頃から、二人とも気力が無くなり、
とぼとぼと歩く。富士見駅到着。
駅に近いそば屋を紹介してもらい出向いたそば屋は、
腰がまがったおばあさんが一人で営んでいた。
二人でせいろを5枚完食。コシの効いた美味しい蕎麦だった。
元気を取り戻した二人は再び走り始める。
富士見峠を緩やかに超え、下り坂に転じ、いいペースで走る。
暇なのでしりとりをしながら走る。
食べ物しりとり。
父「りんご」駿「ごま」父「麻婆豆腐」駿「フキ」・・・・
ずいぶんと切れずに続いている。そして、
父「お子様ランチ」駿「チャーハン」
「ん・・・???、父ちゃんの勝ち~~~!!!」
と決着がついたのでした。
Img_c5cc5c6cb26a0d5a273ec1c6fa18db7a
疲れた体に梅干
Img_fe7a2e73ae28917369327e357926fce4
父ちゃん膝の調子がいまひとつ
Img_a51675824f442f6656981c510c87cd02
のどかだなぁ
Img_585d58a938484e56294eeded5898d69b
机!
Img_a7614d8249ce43343b1462f714ee7b2d
フェンスは電気が通ってます
Img_19f808f6c90056b9dd312832d71a8ea2
道無き道もなんのその
Img_3c09fa7a674bcd1ca54d303f9d3412f0
桜もほころび始めました
Img_09e3b0d5af8829fa14095d35a6a8c57f
道の駅にて休憩。今日は余裕だなぁ
Img_a644354ac110b54e5713dffe2256fbba
お〜いっ!
Img_42a59a76e71025505e0b0e4073870675
下り坂はダッシュ!
Img_a1cd2db5a35e050421677f1047250ff5
なんのサナギだろう?
Img_90e68d426aa41df027993e4dda64e980
白州に到着!!
Img_d3fe1f2c43e20c7f8f7d64ee7a96753b
サントリー!!
Img_f1e7cc47ebf7c74d16c9537562254af6
サントリーの工場で八ヶ岳をバックに
そうこうしているうちに白州に到着。
サントリーのワイン工場に着いたのが3時17分。
工場見学は終わっていたので、博物館を見学。
展示されたサントリーリザーブの広告に黒澤明の姿。
「観たひとに 一生影響を与えるような そういう映画を 僕はつくりたい。」という言葉を胸に刻む。
サントリーの近くの白州の宿は、年配の気の優しそうなご夫婦が笑顔で迎えてくれた。この旅の出発前、この近辺の宿泊予約のために検索した宿に電話を入れると、「高齢の私一人で切り盛りしていていてもう大変だから、仕事は辞めたんだよ」
「今の時期はお客さん来ないから今名古屋に来ちゃってるの」
「あそこの宿の婆さんも随分前に仕事やめてるよ」
と、なかなか宿の手配ににも苦戦したのでした。
こうして暖かく迎え入れてくれて嬉しい。
初日比べれば随分と楽な道のりだったけれど、
体への疲労は確実に蓄積されてきている。
夕食を終えて明日の身支度をすると、
すぐに深い眠りに落ちていきました。
Img_06ea007d318883d1bf913250a9de2946
いざ、卒業ランの出発です!
Img_2dd2c57764937abb538afeb9628884ab
珠ちゃん母ちゃんお見送り〜
Img_f3f6ded78cd647b8f070dcdd0a70d9e4
野球の監督にばったり遭遇
Img_c969432ad19d31d3f862b442cc595107
裏道を走ります
Img_d79446eca63bd7ee84b653253c72bbf0
北アルプスバックに1枚
Img_e56abd9ae745f26a217d72cb8a196a64
いい天気です
Img_32db8d420d2b28a936929330f09cce7c
白梅も咲いています
Img_65c2eb502ca7cb4b613f8d46115f6ae4
のどかな風景(でも遠回り)
Img_01d25f922408f7ff6957d509266e27d6
紅梅の蕾が膨らんでいます
Img_ac960f87af5e6d783ed9beb7a0c1c871
堰を作るのに使ったとか?
Img_c72958219fce760ec02851fed1410801
玄米おにぎりでエネルギー補給
Img_d74caec1d214fe4200d8b87e1269687d
犀川
Img_2eb0c161f4be2cc0e620682b41ba2976
奈良井川のほとりを進みます
Img_3b467883255dbb725a5bb9e4c7e08096
春だなぁ
Img_af074fd9eac8d8167d4ce214ca787121
松本市内にもこんな清流が
いよいよ東京まで走っていく卒業旅行のスタート。
昨晩遅くに東京から車で戻って来たので、
十分な支度が出来ているとは言いがたいが、とにかく出発。
あとは行く先々で解決すればいい。
午前7時半。妻と珠希に見送られ家を出発。
穂高駅、穂高神社を通り小川沿いに走り始める。
ばったりと野球の監督と遭遇。
これからのの旅の行程を話したら驚いていた。
そりゃそうだ。こんな無謀な卒業旅行は聞いたことが無い。
国道は車通りも多いので、裏道を選び、
出来るだけ景色のいいところを走ることにする。
スイス村から松本を抜けるまで犀川沿いを上流に向けて走る。
途中から犀川の名前は奈良井川に名前が変わったようだ。
それにしてもこの辺りの川の名前は良く変わる。
おおざっぱに言うと、梓川と奈良井川が合流して犀川になり、
犀川が千曲川と合流し、新潟に入ると信濃川に名を変えて
日本海へ流れ込む、ということらしい。
犀川から奈良井川沿いは静かで国道よりも気持ちのいいコース。
サイクリングロードが整備されている場所もあり、
安曇野らしい景色の中を走っていくが、
その分遠回りを強いられてしまうことに。
常念岳を背に走っていたと思ったら、
いつの間にやら正面に聳える常念岳。
あれ?と思いつつも日没までにゴール出来ればいいのでのんびりと進む。
Img_9179bd6e280646e92b6818ddccb3ef6d
水が綺麗だなぁ
Img_dc246d066a4bb94bdb86aad1ac8eb4f1
ちょっと歩こうね
Img_4e5aa3a899f9e35e179a5b810eb35498
安全祈願!
Img_c89cf5e005bc2565e2f31413a4805101
新島々線。この先は上高地。
Img_0aed37c1b3dc44c2ffd31eecd5b821c5
春だなぁ。。
Img_6323fa59f86bf8d8ca8986b9d84cb938
サイクリングロードに寝そべって休憩〜
Img_6bd7733115c0fcc606c3416a80503896
荷物持ち父ちゃん
Img_0884a7464c7978cff98a28cf275464a6
お〜い待ってくれ〜〜
Img_8fcba2504158fcb0e5d9c5cf6cebf0ee
やっと追いついたぁ
Img_a3c50c1a1fb057da22a7dc8b5683cdaf
父ちゃん、腹減った〜〜
Img_53970ba8eea7822615af11e4bceb055e
ラーメン餃子定食で元気回復!
Img_cb65d085cf5cd9b2dcd7d5f7cce7a158
まだまだ先は長いよ〜
Img_74565c567e13e9e86688339b344635c3
駿平〜〜〜
Img_2c5fe4099bcfe75ad075d9b1963be56a
道の駅でひと休み
Img_60f8c5db6c5c957f87ddac9777af2877
峠を攻めます
1時頃、お腹が空いたので中華ラーメン屋で昼食。
疲れが見えてきた駿平の顔がほころぶ。
先の見えない旅に、緊張を強いられていたと思う。
昼食を終え、ようやく辿り着いた20号。
ここからが今日の本番。塩尻峠を登り始める。
3年前、廉太郎と自転車で走った道。
右へ左へとカーブしていく登り坂を、一歩一歩進んでいく。
汗も滲み出て来て体力も消耗する。
少し進んでは給水、また進んでは給水を繰り返す。
FaceBookに応援メッセージが次から次へと入ってくる。
壮大な計画を立てていたつもりでは無いけれど、
こういった反応は嬉しいものだ。
駿平にもメッセージをその都度伝えていく。
Img_e6dd84a4686d685ca2b5e4828c8309a9
はい、父さん。水分補給。って父さんがサポートされてるっ。
Img_dbfd0b44a8a361556daac587e0f81d5d
駿平余裕のランです
Img_0e06fead7779a6cafe218284e2ffceb8
峠まであと一息。まだまだ笑顔!
Img_3c969fd08f9eecbe4756fdc4fc32a5e1
塩尻峠制覇!!!!
Img_a658aaa023048d5a8267de85c2cfc64c
やったね!
Img_bd574867d4bb899e3d81db26778a4250
旅はまだ始まったばかり。
Img_87e92a99e3fa90c5a172e0d9afacb48f
可哀想な木
Img_4323adb6bbb2b041309b5fbcc2799129
りんご休憩〜
Img_09ca2c36c0bdd3348a02e5d0df45406c
ん〜〜まいっ!体に浸みるね〜
Img_baa5dbd0c78eeac3e357e002f26f6a84
下り坂はダッシュ!
Img_f22c2e3bd201d2154412e2dedaa49196
やっとのことで諏訪湖に到着!
Img_961a13f0b5324031afa6338ae883b779
宿はどこかなぁ。。。
Img_8a242402f02568de342cbd20c38561f1
宿に到着!
Img_fe2c5b654cfddc79f8500e5946488733
温泉入ってすっきりしました!
坂道は進めど進めど終わらないが、駿平の足取りは軽く、
父ちゃんの視界から遥か彼方遠くに行ってしまうが、
離れたかと思うと、今度は父ちゃんが追いつくのを笑顔で待っている。
その繰り返し。
道のあちらこちらに残雪も見える。
先々を塞いでいた空が広くなってきた。
あの先こそ峠だ!二人の足取りが軽くなる。
午後3時22分。やっとの思いで塩尻峠に辿り着くことができた。
標高差約500メートル。標高1012m。
車で走ればあっという間かもしれないけれど、
走ってとなると訳が違う。頂上でしばし達成感を噛み締める。
そこからは一気に下り。痛み始めた右足をかばいながら下りていく。
リンゴの販売所で休憩。
60円のサンフジを1個購入し、その場で頂く。体に染み込む。
「上諏訪まではあと2時間はかかるなぁ」と。「え、2時間?」
坂を下りたら諏訪湖、そして上諏訪とすぐに着くものと思っていた。
改めて携帯で地図を検索すると、残り10キロ。まだまだ先は長い。
とはいえ、峠を越えたので気分は少しばかり軽くなっている。
諏訪の町では、狭い道の側溝の蓋の上を走っていく。走りにくい足下。
ちょっとよそ見した瞬間に駿平が転倒。
後ろを走っていて、あっと思った瞬間に倒れたので成す術もなかった。
けれども受け身が良かったのか、擦り傷も無くひと安心。
この町中で父ちゃんも何度か躓き、あわや転倒となりそうだったが、
何とか持ちこたえることが出来た。
諏訪湖に出てゴールするまでは快適なジョギングロード。
日が随分と傾き、宿に着いたのは午後5時半。
長い長い1日が無事終えられたことに安堵。
風呂に浸かり体を休め、晩ご飯。
メニューはスキヤキ。普段は食べない食事だけれど郷に入らば郷に従え。
美味しく頂きました。部屋に戻り翌日の支度。
布団に潜ったらあっという間に深い眠りについてしまいました。
Img_40f8b73f2d72d14b17bd9ca9186a34ec
廉太郎第一志望校合格!
待ちに待った合格発表。
嬉しくって父ちゃん涙が出ました。
最近めっきり涙もろいです。
本人曰く「本気出したのは最後の1週間だけ」だそうです。
学校帰って来たら昼寝。
塾から帰って来たらラジオばかり聴いていた1年。
大丈夫かなあ、という親の不安をよそにやってのけました。
高校では思いっきり思いっきり楽しんで学んでほしいです。
合格おめでとうっ!
我が家にも遅い春が来ました。



Img_ed5037bd1a4c08ffbd9a51845518f28e
駿平、小学校を卒業しました。
震災後に引越して来た時は3年生でした。
5年生で児童会長に選ばれ、
1年間、学校を楽しくしようとみんなを引っ張ってきました。
大変な思いもあったと思うけど、
誰よりも小学校生活を謳歌したと思います。
それがもうすぐ中学生。
卒業式では松本の学校へ通う駿平は一人だけ学ラン。
前の日に「卒業式は一人だけ学ランじゃ恥ずかしい。
みんなと同じブレザーを着たいからお兄ちゃんのを借りたい」
と言っていた駿平。けれど「誰も服なんか見てないよ。自分が行く学校の制服着ていけばいいじゃん」と兄ちゃんに一蹴され学ランで登校。
帰り際、友人たちに「駿平がんばれよ〜」とエールを送ってもらっていました
みんなに応援されて良かったね。
卒業おめでとう!
中学生活も思いっきり楽しもうね。
Img_85ebc3591b144f67dfbd361ce3041617
空を眺めて深呼吸。
Img_a74b4977f96e1b087d91c1054bdd2366
Img_04753496bbfabd4155c38849591d3c66
Img_d3a4cf7e4805a44ee02b63440be51ff7
マラソン大会で優勝したお祝いに、
母さんがナンバーワンのケーキを作ってくれました。
駿平、薫月、おめでとう!
Img_26151619a24189f9e8835ad5a211afaa
マイケルジャクソン聞きながら、
歌詞を熟読する廉太郎。
グランドに着くまでのささやかな楽しみです。
Img_9db2bd7c0a92280d60cd968a2879699e
サツマイモと小豆の炊き込み御飯。
美味しく頂きました。
Img_00c63612224272c84fcb4e5e46e15c6b
毎日の散歩から一日が始まります。
外に出て交感神経を刺激。
朝の空気が一番気持ちいいです。
Img_dc97a1da2410a3ddb7692099f6a43c38
Img_04605c9ce1e1a55f8d5d99df22922940
霧の中の太陽。
月のように見えます。
幻想的な朝です。
Img_980fff939dd698a3417321f0074899ea
早朝、ユキちゃんの散歩。
辺り一面、白く凍っています。
Img_b4e152ce4b9ae74ed6ae9fb620ce3591
投げて打って、打たれて負けて。
全力でやっていれば、それだけでいいのです。
Img_46ed910fd4554b9b0ae81a542e06e5f0
週末、子供たちと過ごす束の間の時間。
笑顔に元気をもらいます。
Img_f1520a634112f4ebb0398905c1b556a6
Img_e52274e9582e8d52fb613ae268b7da24
Img_e33bdb1d826d598ce8db769a65364385
水を汲みにいつもよりも山奥へ。
この先に常念岳へ登る登山口があります。
次に登るのはいつになるかな。
Img_64567285680128e3369e3f070428a33e
安曇野市の柔道大会が行われました。
駿平と薫月が団体戦と個人戦にそれぞれ出場。
駿平個人戦。初戦の相手と互角に渡り合い引き分け。
くじ引きで勝者を決めるそうで、残念ながら負けとなってしまいました。
くじ引きで負けても負けは負け。
悔し涙を流す駿平でした。
団体戦は、個人戦が振るわなかった穂高チームが気を引き締め直しいい試合運び。
そして勝利を重ね、団体優勝!
みんな凄いなぁ。
Img_a88b80f398dcdb202cd77e184e4d0d1c
暗闇の中、石柱の上に立つ陰。
さて、正体は誰でしょう?
Img_710588cb50f6765e410f1226fd096e4c
「変な顔するね」
 と薫月。
「あっそう」
 とシャッター切りました。
Img_7baaaac7550c1fff4c8be279f9a6475f
珠ちゃんおはよ。
Img_65c3bb4a5424d77f1d3762836e24866f
月ではありません。太陽です。
Img_68ab11b919f07126fd7674194532ec1e
Img_1a880432d13950fadfc54e3f6c689645
Img_87cf3c797223e4a54ab280fc9675211a
毎度、大好きな夜明けです。
おはようございます!
廉太郎はユキちゃんと朝の散歩。
二人、仲良しなんです。
Img_fdd8e9448e0e86141804bb8ccce2becb
薫月、安曇野市の柔道大会で優勝しました。
芯の強い薫月。
やる時はやる男です。
おめでとう!
Img_9c2abf4ec71a71153de2d9dd8a8bb3a9
霧の向こうに白く雪を冠った北アルプスが見えます。
いよいよ冬到来です。
Img_15d154d30fb27fcffb728cfb52e5f05a
廉太郎、筆記体の練習。
小文字の「s」とか「r」って、コツを掴むのが難しかったことを思い出しました。
Img_ca4899dfa2662fda3b46d2f8d5e8e6fc
部屋の気温も低いので、
お味噌汁の湯気がモクモクと立ち上がります。
Img_a71cf3b1fa61a0bf79af6963c819a967
寝起きから絶叫の珠ちゃん。
お〜は〜よ〜〜!
Img_33c68dfb2e9edfba8fcaf25a68c0c998
この冬、はじめてペレットストーブに火が着きました。
寒い土地に住んでいると、
「火は小さくてもあたたかい」という
倉本聰の言葉が身にしみます。
Img_cfa3d50d1b2d0cd5b28ab5dbbcd57330
畑に残った大豆たち。
Img_4fad71d27c88d1f97185910f6232a605
氷点下。我が家の畑も凍ります。
Img_d4a832b12c91cfa2f856a71bac65fe49
Img_1f6685649d052a1ba14d431ac6b3e460
Img_2fbaa4b093b651b2f43e3e01261e1d76
Img_bd9886332aa35b8e93420be021e54403
Img_1bf422c5f6c4202cc5ab164734545d40
Img_93eab838f1d39f193fd2f038420f17ca
Img_b3ffd6bf2b221e326bcfe4f68d6516e7
Img_38e52d86dd998cecd6e7b71bd04fc020
Img_d860fb78fd306c074f8a8f57627405fb
Img_a87cc906e05d97446e9c0cc53a34e3a3
Img_b852adf23bc60a4ffb42c0acaf00d65d
Img_7efc313fc84d49e047b7e1cddc46bb41
Img_683db15d79b2e28d4f97a06392feb7d6
Img_dce1ed305ecc3cfec9457ccefa430240
Img_2200f311004ca0ca9e70163e06362ca8
Img_3dd66e5dadbffd146720e7ebeff88a7c
Img_bca9e7ded73b2190d13742f261c94d00
Img_429547085c960a33ac7e2f232acd0123
Img_2d7688ae06abfd48712e9f9c55dedbea
Img_e554d178a53e7c09057380b18613fafb
Img_4d8397dc5132dcc2ea0412ba33179b4d
Img_b915078c11feb04b6cc345705eafcea5
Img_bb2afa6747be15b15bf7989c85223ede
Img_6d81e27d3984dbc6daf196b9fca7d73f
Img_6b36a284f3cd256141c9d22ddf1636fd
Img_0bfe9667b49619a5ea25682210018b8d
仙台へ行ってきました。
復興庁が募集していた「新しい東北」企画に大学から応募したところ、採用が決定しました。
被災地を中心にかつて営まれていた東北の景色を映像を通して復元していくプロジェクト。
これまでに地域映像アーカイブで培ってきた方法論を東北で実行することになり、まずは仙台へ視察。
目的はこのプロジェクトに協力していただく20世紀アーカイブ仙台との打ち合わせ。
午前中はNHK福島で311の津波の映像を空撮で撮っていた鉾井くんに同行頂き、
仙台の沿岸部の被災地を視察しました。
仙台駅から車で20分ほど。
かつては賑やかだった街も、津波で全てを失ってしまいました。
地方ナンバーのダンプが行き交う道を海の方へ向かいます。
車で走れども走れども不毛な土地が広がるばかり。
震災後、東北を訪れるのは2度目ですが、被災地に足を踏み入れたときの空虚感は2年前も今も変わりません。
荒浜地区の一角に写真が飾られていました。
震災前と今を映し出した写真の数々に言葉を失います。
当たり前の暮らしがどんなに大切かを写真を通して伝わってきます。
自然の驚異を前に人間はなんと小さいのか。
この海の向こうから抗うことの出来ない波が押し寄せたことを想像します。
かろうじて残された防風林も風にさらされています。
閖上地区も街そのものが失われてしまった土地。
小高い山の上にあった神社も流されました。
住んでいた場所に被災者が戻ってきた時、心安らぐ場所であって欲しいと、
ボランティアの方々が雑草をとりその土地のまわりに花を植えていました。
「閖上の記憶」と書かれたプレハブの建物に入ると、
そこは、子供たちの心のケアをしながら震災当時の様子を語り継ぐ場所でした。
20分ほどのVTRには、閖上の人々の復興への絶え間ない取り組みが紹介されていました。
午後は仙台の方へ戻り、荒浜地区の被災者住宅の一角にある集会所で、
「昔を語る会」が行われるというのでお邪魔してきました。
20世紀アーカイブ仙台が主催するこの会は、心理療法でも注目されている「回想法」を生かした8ミリの上映会です。
洗濯板などの古道具を見せながら、昔の記憶を呼び覚ましていき、当時の暮らしぶりを思い出してもらいます。
出てきた言葉をライターさんが書き記し、この地域の記録として本を出すのがこの会の目的だといいます。
地道で労力のかかる作業ですが、大切な仕事。
東北に関わっていく以上、こういった姿勢を見習っていこうと思います。
上映会終了後、事務所に場所を移しミーティング。
このプロジェクトの方向性が少しづつ現実的に見えてきました。
東北と正面から向き合い、このプロジェクトを成功させようと心に決めた1日となりました。
Img_0e8182fadcb0c276d50afb17165fd75a
Img_8b142ee00bdf8a7ebd3419db33e96463
満願寺のあたりも紅葉まっさかりです。
Img_9fdc368109d1f05261a684f8846c91d5
珠ちゃんバイオリンを習いはじめました。
子供サイズのバイオリンはおもちゃのようですが、
ちゃんと音がなるんです。
いつかキレイな音色を響かせてくれる日を楽しみにしています。
Img_d601ac8b53db5e97f97504b7af339298
Img_b0c94601385984665869b71d8dccc6a0
Img_bf76a5ec36be1d547c04366fa432c1a1
温泉のあと、七色カエデを見に行きましたが、
紅葉の時期は過ぎてしまっていました。
ちょっとした散歩に気持ちいいところです。