Homebase Diary
Text Size :  A A A
  diary  |  hotaka  |  profile  |  works  |  bbs  |  contact  |  Link  
Img20091002123843
交流試合。
6番サードで出場していた廉太郎は、エラーと走塁ミスであえなく交代。
悔しさのあまり涙が溢れ出て来てしまい野球帽のツバを深くかぶりしばらく顔を隠していました。
不甲斐無い息子の姿を見ていて、僕も同じように悔しかった。けれどもやっぱり自分の子供だなぁ、と思ってしまう。
僕自身は野球を通らず、5年前にマラソンと出会うまではスポーツと真剣に向き合ってこなかったので少年野球から得るものがたくさんあります。
少年野球も勝負を懸けた厳しい世界。1年前は試合に出ることなんて無かったのに今では毎週のように試合です。
その中でいろんな経験をさせてもらってます。
月日の早さを感じます。置いてかれないように、老いて枯れないように、走り続けなきゃなりません。
悔し涙からもいろいろ学ばせてもらってます。