Homebase Diary
Text Size :  A A A
  diary  |  hotaka  |  profile  |  works  |  bbs  |  contact  |  Link  
Img_c5cc5c6cb26a0d5a273ec1c6fa18db7a
疲れた体に梅干
Img_fe7a2e73ae28917369327e357926fce4
父ちゃん膝の調子がいまひとつ
Img_a51675824f442f6656981c510c87cd02
のどかだなぁ
Img_585d58a938484e56294eeded5898d69b
机!
Img_a7614d8249ce43343b1462f714ee7b2d
フェンスは電気が通ってます
Img_19f808f6c90056b9dd312832d71a8ea2
道無き道もなんのその
Img_3c09fa7a674bcd1ca54d303f9d3412f0
桜もほころび始めました
Img_09e3b0d5af8829fa14095d35a6a8c57f
道の駅にて休憩。今日は余裕だなぁ
Img_a644354ac110b54e5713dffe2256fbba
お〜いっ!
Img_42a59a76e71025505e0b0e4073870675
下り坂はダッシュ!
Img_a1cd2db5a35e050421677f1047250ff5
なんのサナギだろう?
Img_90e68d426aa41df027993e4dda64e980
白州に到着!!
Img_d3fe1f2c43e20c7f8f7d64ee7a96753b
サントリー!!
Img_f1e7cc47ebf7c74d16c9537562254af6
サントリーの工場で八ヶ岳をバックに
そうこうしているうちに白州に到着。
サントリーのワイン工場に着いたのが3時17分。
工場見学は終わっていたので、博物館を見学。
展示されたサントリーリザーブの広告に黒澤明の姿。
「観たひとに 一生影響を与えるような そういう映画を 僕はつくりたい。」という言葉を胸に刻む。
サントリーの近くの白州の宿は、年配の気の優しそうなご夫婦が笑顔で迎えてくれた。この旅の出発前、この近辺の宿泊予約のために検索した宿に電話を入れると、「高齢の私一人で切り盛りしていていてもう大変だから、仕事は辞めたんだよ」
「今の時期はお客さん来ないから今名古屋に来ちゃってるの」
「あそこの宿の婆さんも随分前に仕事やめてるよ」
と、なかなか宿の手配ににも苦戦したのでした。
こうして暖かく迎え入れてくれて嬉しい。
初日比べれば随分と楽な道のりだったけれど、
体への疲労は確実に蓄積されてきている。
夕食を終えて明日の身支度をすると、
すぐに深い眠りに落ちていきました。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする