Homebase Diary
Text Size :  A A A
  diary  |  hotaka  |  profile  |  works  |  bbs  |  contact  |  Link  
Img_7c2b92d45725ec1d6c9d566c983f1d50
少年ケニヤ
Img_63121d4a064097643c82b3768f919db3
白雪残る甲斐駒ケ岳
Img_186bf7a38bfcb24afcc4ddf69a5032b4
旧道は静かです
Img_cea4f3e8e813691abd2cce9fe6a60bac
日本の道百選 甲州街道 台ヶ原宿
Img_3f0089b456c41d433ed5b4153d9c01f4
川沿いを走ります
Img_50e84053f6ad54326ad2aab540024b0b
ここは甲州街道の古道だそうです
Img_9282c55d0300d9eb8cf5865f3511c983
梅が満開
Img_354121ef9d2777c36c7ab7e4745dbf79
小さな小さな花一輪
Img_7291f9b0406faee009104411e9c9fc85
ヒョイッと足取りも軽い駿平
Img_002e500a3df48add2fc7f54d2a1246a3
洗濯休憩〜
Img_2709039a130bbff1d70101e7db086cc9
忘れ物をを届けてくれた宿のご夫婦
Img_a8a52bda284f01b5dee691464ecff3d1
フェイスブックのコメントに思わず笑顔が
Img_7c9658eb1b4655a57614da7751e8ad8b
さぁ、走るぞ〜
Img_6dc5e2a3a11a3df3c7745861bbafa741
お疲れ〜、と池田夫妻登場
Img_bfb2c1e6f42e6bb31f0fc17523f54aef
差し入れの果物、美味しかった〜
8時スタート。
南アルプスを右手に、左後方に八ヶ岳を見ながらの下り坂。
朝の空気が冷たく、上着を1枚余分に着込んで走り出す。
かっ飛ばして行きたい所だが、両膝が痛むので、ゆっくりペース。
昨晩洗濯した着替えが乾いていなかったので、コインランドリーで乾燥機にかける。
すると宿から電話が鳴る。「忘れ物があるよ~」と。
今更戻る訳にも行かないと思っていると、「今どこ?これから韮崎行くから車で届けてやっから~」と。
ありがたい。今居る場所を伝え、衣類が乾くのを待ちながら宿の人も待つ。
その間、駿平と俳句ごっこ。
「疲れたな 元気にゴール 出来るかな?」
など適当なことを言っていると、駿平は、
「さみしいな たまには家族に 会いたいな」と。
笑顔でいるけど、本音が垣間見える。
そうこうしていると宿のご夫婦が到着。忘れた充電器を受取る。感謝。
気持ちを入れ替え甲州街道の旧道や古道を抜けていく。
舗装すらされていない道は、トレイルランさながら。
ぶどう畑を抜け、田んぼを抜け、森の中を抜けていく。
梅はあちらこちらで満開。桜の蕾も膨らんできている。
韮崎に入ると、3年前に早川町という山梨の山奥に家族で移住した大学時代の友人が沿道で待ち受けていてくれた。
走り始めたことをFaceBookで知り「近くだから何か差し入れにいくよ」と言っていてくれていた池田夫婦。
近く、と言っても車で1時間以上走らせて来てくれている。
常識の距離があまりにも違うので笑ってしまう。
果物のリクエストをさせてもらったらバナナ、オレンジ、カットパイン、水の差し入れを頂く。
疲れた体に甘みが染み込んでくる。ありがたい。嬉しい、本当に嬉しい。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする