Homebase Diary
Text Size :  A A A
  diary  |  hotaka  |  profile  |  works  |  bbs  |  contact  |  Link  
Img_039154c94539c15039e15bc87834db20
笹子隧道は真っ暗なトンネルでした
Img_6a52840729de755cf973cb06935697ee
下り坂ダッシュ!!
Img_7a4df0d4c9ee60c800c7eb3b482b35f9
全面通行止 終了〜
Img_48bd0e25889cbc85b104629d5c1e5c02
立矢の杉
Img_0cc884f55e1bb493818bf55860f643cb
下り坂ダッシュダッシュ!!
Img_8c365edec16966420b0bfa6a02044423
気もちいい〜〜
Img_df971c42a771bdb175248e412ba3ed85
残りの力を振り絞り走る国道20号
Img_19f26c1c48271bdc7b5f58a39ffcea6f
もうすぐか、もうすぐかっ、、
Img_910adc416b16e28592a8f9d31c510aa2
あとちょっと、あとちょっと、、、
Img_fefa0fb9b8b21e6a99a87745db1dc93d
ゴール!!
Img_a8abc48add2f9c4fdedb9eebd4b5aff8
お疲れさま〜〜〜!!!
Img_e9b5b96f51620e024d652ac31bc85fac
廉太郎が合流。嬉しいね。
峠のトンネルを通り山を下っていく。
心も軽く飛ぶように走っていく駿平と友人。
僕は膝が痛むのでマイペース。
下る途中に立矢の杉という杉の大木が聳えていた。
存在感があり、木の袂で小休止。
昨日頂いた差し入れのオレンジを味わいながら平らげ再スタート。
下りは早い。登る時間の5分の1にも満たないだろう。
あっという間に国道に出る。そこからは国道沿いを走っていく。
あと少し、あと少し、と思いながらもなかなか初狩駅は見えて来ない。
痛みから一秒でも早く解放されたい思いから、
足取りは早くなっていく。
6キロ、5キロ、4キロ、、、
ようやく見えて来た初狩駅の看板。
2キロ、1キロ、500メートル、、、
ゴール!!!!
国道を1時間以上走ることになってしまったが、
ゴールの初狩駅に辿り着いたときは本当に嬉しかった。
これまでに無い達成感。3人無事ゴール出来て感無量。
駅前の宿に入り風呂で汗を流しビールで乾杯!
伴走してくれた工藤さん、ありがとう。
長く辛くもありましたが、それ以上に素晴らしい一日となりました。
食事前には明日から一緒に走る廉太郎が合流。
また心強い味方が現れました。

Comments

Post a Comment


*印は必須項目です
captcha
コメントする