Homebase Diary
Text Size :  A A A
  diary  |  hotaka  |  profile  |  works  |  bbs  |  contact  |  Link  
Img20091002123621
都民の日。
子供たちの学校はお休み。
朝からお友達と公園で野球に出かけていきました。
マンションやビルばかりが建ってしまい子供たちが遊ぶのは公園の中の柵の中。
すぐ横は信号待ちの車が常に並んでいます。
遊ぶ場所が本当に少なくなってしまいました。
もっと広々と自由に遊び回れる場所があったらいいのになぁ、と大人は思います。
けれども当の子供達はこんなに狭い場所でものびのびと遊べる力を持っています。
仕事の行きがけに公園を覗くと知らない子供たちと一緒にサッカーをしていました。
それはそれでいいことだけれど、やっぱり東京は狭すぎます。

Img20091005172412
次男駿平が左の親指を打撲したのが先週の土曜日。
整骨院に通って痛みもハレも無くなったのだけれど、そろそろ病院通いも終わりかと思って足を運んだ土曜日にもっと通うように言われてしまった。
今日で晴れて野球生活に戻れると思っていたので、整骨院の帰り道は終止無言のままだった。
家に帰るとベッドにうつ伏せになり涙を流を流す駿平。野球をやりたいのに出来ない悔しさ。
これから続くであろう長い野球生活を考えたらたかだか1~2週間のことだけれど、当の本人にとっては今日明日の重大事。
あまり閉じ込めてしまうのも良くないので、となりに出来た空き地でキャッチを中心にした練習。
久々に笑顔が戻ってひと安心です。
Img20091005172612
中秋の名月。
ということで晩ご飯のあと子供たちが月見団子?をつくってくれました。
形はバラバラだけど美味しくってあっという間になくなりました。
ごちそうさま~!
Img20091005172952
Img1b20091005172952
我が家が暮らすマンションは長屋のような付き合いがあります。
醤油が切れたらお隣近所にお裾分けしていただくことはもちろん、子供たちはよそのお家でご飯を食べたり泊まったりもします。
そしてこのマンションの恒例行事になったそぞろ歩きの会。今年は野球の練習があったので、野球組の3人はゴール地点の善福寺公園で合流。
すでに宴会モードの大人組。初めてお会いした方とも楽しい時間を過ごすことができました。
子供たちは木登りしたりカブトムシの幼虫を掘り起こしたりと遊びに夢中。
宴が終わると野球組は一旦家に帰り身支度をして巨人ヤクルト戦を観に神宮球場へ。
久々の球場に子供たちは嬉しそう。いつかこんなところでプレイするような夢を見ているのだろうか?
球場の横には選手が乗ってきた高級車ばかりがずらりと並んでいた。なんだかギラギラした感じがちょっと怖い。
1台くらいプリウスとかが停まってたらホッとするんだけどね。

Img20091005173057
朝、出かけようとすると雨がパラパラ降って来た。
自転車を諦め幼稚園へまで歩いて行くことに。
そこで突如出現した傘お化け。
両足で立っていたら偽者で、片足で立っていれば本物です。

Img20091106211345
ついにカメラ購入。長い間思案しましたが、欲しかったEOS 5D mark2を手に入れました。
昨年、NikonD90が一眼レフ初ハイビジョン撮影機能搭載ということですぐに飛びついたのですが、仕事に使えるであろうムービー機能の性能があまり良くなかったので今回の購入に踏み切りました。このカメラは映像界の革命児としてミュージックビデオやCMでも使われるようになっています。いいちこのCM の数カットは5Dmark2で撮影されたそうです。これでいい仕事たくさんしていきます!
Img20091014215829
新しい名刺が出来上がりました。
名刺のデザインをお願いしたのは広告やファッションなどで活躍するアートディレクター櫻田さん。
先日、まずは一度会って話しましょうと酒の席を設けるとすでに名刺のデザインが出来上がってきていました。
一文字一文字丁寧にレイアウトされた名刺に満足。その後文字修正等のやりとりを経て最終デザインが完成。
印刷所はLIFTさんに弘陽というところを紹介してもらいました。
活版印刷という昔ながらの印刷に拘ったのは一枚ずつ手で刷るのでインクの滲みなどがあったり位置が微妙にずれていたりするので、
名刺そのものに手作りの良さがあるからです。やわらかい風合いのある紙に刷られた昔ながらの活字の名刺は、味わいのあるお気に入りのものになりました。
この名刺のデザインに尽力してくれた櫻田さんに感謝感謝です!!
大切に使っていこうと思います。
Img20091015154557
撮影の打ち合わせで駒込の工房へ。
初めてのところに行くのはいつもワクワクします。
馴染みのない街だけれど懐かしく感じる。
高層マンションがないのがいい。
騒音が少ないのがいい。
Img20091015154822
「この10年で一番勢力の強い台風が上陸します」。
このニュースが報じられた為本日は学校も幼稚園もお休み。
昨日の下校の時点で「台風が危険なので外出は控えるように」と休校は決定していた。
果たしてそれでいいのだろうか?台風を経験せずに「台風=危険」という原因と結果だけを押しつけてしまうことに疑問を覚える。
自然の猛威を体感せず、外出を禁じられ剛健なマンションの一室でテレビの中の台風と睨めっこをしていれば怖さがわかるというものではない。
台風の怖さを体験させることもひとつの勉強なので、家の中で力を持て余した子供たちを外に連れ出し風と戯れることに。
時折吹く強風に飛ばされそうになるけれど子供たちは楽しんでいる。気がつくとマンションの子供たちがどんどんと外に出てきて風と一緒に遊んでいる。
結局この日は汗ばむほどの陽気になった。杉並区は休校。隣の世田谷区は嵐の中、学校は通常通り行われたそうだ。
生きた教育が出来るチャンスを見逃さないようにしてほしい。
Img20091015155906
Img1b20091015155906
小学校と幼稚園の運動会が同じ日になってしまった。
前の晩、妻とスケジュールを照らし合わせながら子供たちが出る演目全てを網羅出来るかどうか話し合う。
どうしても無理な話なので二手に分かれて見ながら2つの運動会を行き来することになった。
新校舎で開かれる初めての運動会。はじめの言葉を駿平が全校生徒の前で言うことになっていた。
1年生の各クラス代表が朝礼台の上に登った。緊張していた様子は特になく、与えられた台詞をきっちりと大きな声で言うことができた。
応援合戦が終わると廉太郎の85m走。スタート位置につくと胸に手を当て気持ちを落ち着かせている様子。このあたりはいっぱしのスポーツマンみたいだ。
スタートの号砲と同時に飛び出した。スタートから力強い走り。フォームも安定している。直線に入ってそのまま逃げ切り1位でゴール。
日々のジョギングが実を結びました。学校を後にし急いで幼稚園へ。
園児全員でやるダンスで恐竜に扮した薫月は楽しくって仕方が無い様子。
ニッコニコで誰よりも楽しそうに(これは親ばかか?)踊って(いるように見え)ました。
大玉送りや玉入れにも参加出来ひと安心。そこで突然雨が降り出す。
幼稚園の運動会は続行。一方小学校は様子を見ようと一時中断。お弁当の時間を繰り上げていました。
雨のおかげで全ての演目を見ることが出来たので雨に感謝です!
駿平はかけっこのスタート前から真剣な表情。もう勝負が始まっている様子。スタートと同時にがむしゃら顔で一気にゴールまで駆け抜けました。
結果は堂々の1等賞。運動会で1等賞ってやっぱり嬉しいもんですね。
4年生のダンスもなかなか見応えがありました。日本舞踊で鍛錬していることが功を奏してか廉太郎がとても勇ましく見えました。

2つの運動会が重なって大変だったけれど、終わってみれば3人分の運動会を1日で楽しめたことがとても良かった。
あっち行ってこっち行ってと親も運動会さながら駆け回った一日でした。
Img20091016104052
試合を早々に切り上げ映画保存協会へ打ち合わせに。
閑静な住宅街にひっそりと佇む蔵のとなりに経っている古民家。
フィルムにまつわる話をたくさん聞くことが出来た。
来年の10月に向けて一緒に歩き出せそうだ。

Img20091016104209
都内の強豪チーム相手に4試合。
1勝1敗2引き分け。選手達の日頃の成長が見られたいい一日だった。
完璧な勝ち試合で自信をつけ、5対1の大差を最終回で引き分けまで持ち込めるチーム力。
1年前はコールド負けばかりだったのに強豪相手に互角に戦えるまでになっていた。
全く同じ子供たちがプレイしているとは思えない。1年という時間の中で子供たちの大きな成長を実感する。
選手の心を掴み、ここまで引っ張り上げてきた監督の手腕に脱帽。
「最後まで諦めないこと」。監督のメッセージが子供たちに確実に届いた交流試合でした。
Img20091024012147
大変だ~
なんとあらぬことに誤ってもみあげを剃り落してしまった。
・ ・ ・ ・ ・ 
・ ・ ・ ・ ・
・ ・ ・ ・ ・
頭の中は真っ白。気分はブルー。
モミアゲが顔の印象をこんなにも変えるとは。。。
隠しようもないので妻に相談して頭髪全体を3mmにして出家坊主状態にしてしまう。
なかばやぶれかぶれ。
そんなに目立たない・・・かな。
う~ん、寒い。人生最短の頭髪です。
Img20091024012637
トリフォニーホールの一室ですみだコミュニティプログラムの授与式。
僕を含めて4名の個性豊かな方々のプロジェクトが採用されていました。
ここから墨田区の8ミリフィルムの映像アーカイヴプロジェクトがスタートします。
昔懐かしい映像がどのくらい集まるのかわかりませんが、墨田区の方々と一緒に作っていきたいと思います。
こういった企画が採用される土壌があることが嬉しいです。この企画を理解して頂けたことに感謝。
とにかく楽しんでいこう。

Img20091024012839
東京マラソンに残念ながら落選してしまいました。
でも思ったほど落胆しなかったです。レースに対する思い入れが以前より軽くなったのかな。
2月には青梅マラソンがあります。そして3月の荒川マラソンにエントリーしようか思案中。
迷っている暇は無いんですけどね。
1年に1本くらいは走っておきたいんです。
髪の毛3ミリで頭軽々です。
Img20091024013916
谷根千の小さな集会所の2階。
小雨の降るなか上映会ははじまった。
地元に暮らす方々を中心に海外から観に来たという方まで同じ空間で和気あいあいと進行する。
8ミリの多くはサイレントフィルムなので人の会話で音声を補わなければならない。
ここでは撮影者が映像を観ながら解説するというスタイル。
とてものんびりとそれぞれの思い入れを語り、それにまわりが応えていく。
地元の映像が流れると会場は「お~」とか「へ~すご~い」「いいなぁ」「懐かしい~ね~」なんてみんな声を出しながら見ている。
映像を見ながら「これはどこですかねえ」と誰かが独り言のように言うと「あぁこれは明治村だよ明治村」と遠くから返事が返ってくる。
40人ほどの見ず知らずの人たちと8ミリフィルムを通してひとつの時間を共有する。
会が終われば三々五々みな自分の持ち場へ帰っていくドライな感じもまた下町のいところなのだろう。
映画を観る行為そのものが映画以上に面白い体験になった。

Img20091027171255
Img1b20091027171255
打ち合わせを終え日比谷公園で行われている「土と平和の祭典」へ。
妻と双子の兄夫婦と合流。
玄米菜食をはじめて半年、すこぶる体は快調。
徐々に体重が軽くなり(60kgを切りました)動きもシャープになってきた。
朝の目覚めの良さにはじまり、疲れというものと縁遠くなってきた。
疲れないので仕事も捗り集中力もアップ。物事の判断も早くなった。
食と農を考えるイベントは予想以上に集客も多く、地に足つけた生活を考えている人が増えてきていることを目の当たりにする。
中島デコさん(料理研究家)と鎌中ひとみさん(映画監督)が参加するトークセッションでは食の話が発展し、電気のこと、住居のこと、行政のこと、原発のこと、、、と話は止まらない。食を考えてくとあらゆる世の中の問題があぶり出される。とても興味深い話を聞く事が出来た。
千葉で自給自足をしている女優の益戸育江さん(元 高樹沙耶)もトークに参加。土と対話しながら暮らしている彼女から今の暮らしをとことん楽しんでいるのが伝わってきた。
読みたい書籍も山ほどある。見たい映画も山ほどある。やりたいこともたくさんある。
いずれ向かうであろう方角が明確になった一日。

Img20091027171607
飯田橋のカナルカフェで滝上くんと岡さんの結婚パーティー。
まるで同窓会のよう。スペースシャワーTVの黄金時代(?)を築いてきた面々が勢揃い。そんななか二人はボートで登場。なんとも憎い演出に皆大喜び。
二人の人柄がこれだけたくさんの人たちを呼ぶんですね。
笑顔が溢れています。僕もすっかり楽しませてもらいました。
素敵な時間をありがとう。心より、お幸せに。

Img20091027171657
朝ランが定着してきた。3キロほどのスロージョギングは体への負担も少ないので以外にスッキリとする。
つくばマラソンが仕事で走れなくなったので、目標は年明けの青梅と荒川。
しばらくはスローペースが続きそうです。

Img20091106205058
藝大の柚木さんと中島さんの個展。
江古田の近くのギャラリー。懐かしい土地だ。
「家というものほど個性的なものはない」という考え方をテーマにつくられた作品。
二人の人柄が滲み出るあったかい作品でほっと一息つきました。柚木さんは釣りが大好きです。

Img20091106205152

午前中は学校、午後は墨田での打ち合わせが3本続いた。
5LINKSを走らせながらあちらからこちらへとスムーズに移動。
初めて会う方々との打ち合わせも有意義で実りある時間になった。
下町らしい義理と人情を感じる一日。人の繋がりに感謝です。
Img20091106205703
ディレクターという仕事はずいぶんと自由な形をしている。
ある時は構成作家、ある時は企画に頭を悩ませ、ある時はカメラを回し、ある時はインタビューし、ある時はプロデューサーとして立ち回る。ある時はPCに向かって編集に明け暮れて、ある時は荷物運びやお弁当の手配もしたりする。こうして考えると色々なことが出来なければならない仕事なのではないかと思う。果たして自分にそれが出来ているかと言えば疑問だらけ。けどなんとかこの仕事を続けてきているのは一応この仕事が向いているということなのか?
もちろんそれぞれの分野の専門の方々とお仕事させて頂くことは多々あり、そこでのコミュニケーションがこの仕事の一番大切なところ。まだまだ精進しなければなりません。
「僕は演出に専念するんだ!」なんていう拘りはいつの間にか消えてしまっていました。

Img20091106205838
「景」を「打つ」。
日本古来の伝統芸術のひとつで、黒い漆塗りのお盆の上に黒い自然石を配置し大小9段階の白砂で景色を描く盆石。千利休もたしなんだ盆石の世界は簡素ながらも繊細で奥深い世界。また多くのことを学ばせて頂きます。

Img20091106210046
サッカー 野球 ライヴ パーティー。
どれかがダメなんじゃなくて、全部OKになる日は気持ちいい。
サッカーの試合。チームが得点した7点のうち6点を駿平がゴールして勝利。獲物を追うチーターのように走りまわる駿平。全力を出し切っていて清々しい。あとはルールを覚えればバッチリだね。
野球の練習。広々とした人工芝のグランドで廉太郎も駿平も2時間みっちり練習。僕は1年生相手にノックノックノック。で、僕は筋肉痛。
ライヴの下見。予備知識をあえて入れずにライヴを楽しむ。選曲や流れが心地いい。アレンジも凝っている。撮影が楽しみです。
パーティーへ。小島くんの新居にお呼ばれする。とにかくでかい家。スペシャで一緒に働いた面々が集う。結婚したり、妊娠したりとおめでたい話で溢れている。御馳走様でした。また遊びに行きたいな。

Img20091106210506
雨の日曜日。
久々に野球の練習はお休み。こんな日はそうめったにないので久々に外食。
妻の提案により下北沢の日曜玄米食堂へ。
日頃は「うさや」という居酒屋が、日曜限定で中島デコさんの娘さんが切り盛りする玄米菜食日曜食堂になっている。骨董品のような使い込まれた古い家具が並ぶ。椅子などどれひとつとっても同じものはなく高さもバラバラ。飾りっけの無さが心地よい。
出てくる料理は一品一品素材の味が上手に引き出されて美味しい。
味の輪郭がはっきりとしていて口に運んだ時にスッと体に馴染んで行く。
子供たちもパクパクと食が進みます。「ママ~これと同じのうちでもつくって~」とリクエストも出ます。帰宅後、早速お昼に食べた紅芋の素揚げをつくっていました。妻は外食をするごとに料理の腕を上げていくのでお店の選択はとても重要。
自分たちの食生活が変わってからなかなか納得いくお店に出会っていなかったけれど、玄米菜食日曜食堂のフルコースには大満足でした。
お昼が出てくるのを待っている間外を眺めていると、3人の子供を連れてお買い物中の曽我部恵一さんに遭遇。ちょっとご挨拶させてもらった。同じ大家族のパパとして応援しています。
Img20091106210630
日曜の夜は墨田区の亀沢4丁目の町会長さんに「まちこうBAR」と題して秋刀魚の会にお誘い頂きました。鉄板工場の倉庫に机を並べての親睦会。区役所の方々やアーティストや墨田の人々と交流。
お休みの日の工場(こうば)が交流の場になると、街が少し明るくなるような気がした。

Img20091106210826
名刺のデザインをしてくれたアートディレクターの櫻田さんと青山のなるきよへ。
この名刺が出来てから仕事の流れが良くなってきている気がします。感謝!

Img20091106211008
朝から墨田を走り回る。5LINKSで走り回って墨田の空気を感じ取る。
古民家、商店街、ホール、図書館、、、、墨田区は坂が少ないのがいいです。
出会う人の距離が近いです。これから1年、毎週木曜はすみだの日にしようと思います。
Img20091106211158
co-labで5LINKSのデモンストレーション。
五百住さんに5LINKSが出来るまでの物語を丁寧に伺うことが出来た。
自転車をつくろうと思ったきっかけから完成までのストーリーにモノづくりの面白さが凝縮されていた。
歯医者さんがこれだけのことをやり遂げてしまうことじたいにエネルギーを感じた会でした。

Img20091106211610
サヨナラ負けです。初めてです。あれよあれよと4点差をひっくり返されてしまいました。
3点差で負けていても4点リードまで持って行ったのに。
選手たちの気持ちを上手く引き上げられなかったな。

贈り物ふたつ。
浦賀から送られてきた柿。ひとつひとつ手でもいだそうだ。毎日少しずつ頂いてます。
そして活菜なるものも頂いた。水につけてあるから生きた新鮮なまま食べることができる。ルッコラを食べたらシャキっとしていて美味しかったです。
ありがとう。