Homebase Diary
Text Size :  A A A
  diary  |  hotaka  |  profile  |  works  |  bbs  |  contact  |  Link  
Img_f033e2d39723a8750c8e7efaae2c6f5876b96dae
スイス村の前に広がる菜の花畑が満開です。
今から東京へ行ってきます。
Img_3d3bcb3a84f2a0b80286cd8ad5c4ad6fdfd9ae17
Img_370c9518a121e77cea7f5647af9528a38a136e43
駿平のピッチングを久しぶりに見た。投球はまずまずの調子で試合は快勝。
バッティングが奮わなかったので、いいバッティングが出来るようにもっと練習を積まなければなりませんね。
こちらでは少年野球の練習試合といえどもカウント表示やアナウンスがあります。
お母さんやお父さんたちがやるのですが、僕はすっかりカメラに夢中でした。
Img_55e99d54a7a1cb81f7fe4a5b25d48939288935ed
車に乗って静かにしているな~と振り返ると、
まだまだワンピースに夢中の薫月が居ました。
Img_308d444ede7d2f8a77313ccfe06d4b3f6ae221ef
少年野球の中学生のお兄ちゃんたちは珠ちゃんが大好きです。
キャッチボールの相手も上手にしてくれます。
どんなに暴投投げても、
「ナイスボール!」
珠ちゃんご機嫌です。
Img_c19ab72fb538db34d666966b42f1964608ba70ae
Img_897f57492c6f7f4bdf2d4902a1d50d83054e83f0
車移動が多い生活の中では、意識をしないと体が鈍ってしまいます。
水汲みに行く満願寺の山の中で気分転換にジョギング。
高地トレーニングさながらです。
多少きつくでも環境が変わると頑張れるみたいです。
Img_8f79285193ac3e96516eae5ab69157b9143a8af0
Img_3da30f08193b501b0ad46eeec8b34eff707e6896
Img_f0ac92060ca52d1e200d17309db2c025fdf81245
夕方、西の空を見上げると犬が北を向いて走っていました。
かと思ったら南を向いて走りはじめました。
飛んでいるのは龍でしょうか?
Img_ce5b35918f303de61db508f72999e2206701419c
薫月のサッカーを久々に見ました。
大きな声で「もっと広がれよ~」なんて一人前に叫んでいます。
普段家では見せない顔つきを見せるのはスポーツの面白いところ。
Img_7203441a44b6359da8aca224331a4a33ea17d274
Img_35b13ea92fbd89ac8e682bc731fe2ed284525cb1
Img_b59e694058f20fdba845caf5ae3ca0ebd34d2103
廉太郎の試合。
バッティングは良くなかったけれど、守備は安定していました。
セカンドというポジションをしっかりと守っていました。
大きな声が出せるのがいいところ。

廉太郎の試合中、雨が降って来て車の中で遊んでいた薫月。
すっかりいつもの顔に戻ってます。
Img_8c7fb0d9ea4f8c679bc3ea0c13f637837c20a71a
Img_6335b2e86274a835bbe7bde4b58346acd61ff98a
Img_37a0f39fda06a71450fbd4f3bde87a83b74b4274
いつものように満願寺でお水汲み。
標高が穂高よりも高いので、桜が満開でした。
お水が冷たいっ、と珠ちゃん。
3人仲良くでお寺の下までお散歩しました。
Img_4fd276ad24d6286f4589386622d38aec7bb9c1d0
満願寺からの帰り道、
家に近づいたら駿平が「車押したい」と言って来たので、
エンジン切って、薫月と一緒に押してもらいました。
「せ〜のっ!」のかけ声で小さな体を精一杯力振り絞って押してみます。
すると車は見事動き始めました。
頑張れー!
Img_3f136ae0b760f574e5f716d9a0fd04e2d00cd0a1
Img_911046496f79a276e8bc5b47234f3a3d094a9ce5
Img_311904bbbf11915859f451a5ac2587265ff3c17d
お昼ご飯を食べにアルプス公園に向かったのですが、イベントが開催されていて車が入れません。
あきらめて裏道をのんびり走っていてたまたま見つけた小さな公園。
たんぽぽが一面に咲いていました。
小さい頃、タンポポをタンポポポと言っていたのを思い出しました。
この公園はタンポポポポポ~です。
近くの畦道に生えていたアスパラ。立派ですね〜。
Img_1c6e86d4e7225f41a880c71313400e8e3aa692cf
Img_080e8ce68decd7914fe632b5b8ab30e995b089eb
Img_4103f902d33886a46f1a34f3eb7b533a3759a369
白馬で廉太郎の試合。
時折吹く強い風に桜が奇麗に舞っています。
上空を騒がしく飛んでいるヘリが4機。
山岳スキーのヘリなのかと思っていたら、山岳救助隊のヘリでした。
昨日遭難者を出した北アルプスで6人が亡くなりました。
雪山の怖さを身近に感じます。
Img_d46ce9d52e30389f70a39622714f2952372b98a3
Img_caf6b53ee67b5c81a5c793387b7fee5a913e4912
Img_c9ecf47c947e6def971386a19135ee50116f4b4b
Img_0076f569a1d9338c5a44607111a94e6ea6854e3d
帰り道、川に架かった鯉のぼりを見に行ったら、
一匹の鯉が落ちていました。
駿平も薫月もおおはしゃぎ。
「これもってかえりたい〜」と薫月。
「そうだよね〜でもダメ〜」。
Img_e209cba58c92805e261618c6f10045f8be02db10
久々に15キロ走りました。
杉並時代は週2回10キロと週1で15キロ走っていたのですが、
安曇野に来てからずぶんとジョギングの量が減ってしまっています。
体が走りたがったので、有明神社まで往復15キロ走ることに。
雨が降ったりやんだり。でも気持ちいい。
神社からの帰り道、中房川に架かる橋をヒョコヒョコと親子の猿が歩いて来た。
あまりに我が物顔で歩いてくるので、こちらが彼らのテリトリーに侵入してしまったようなバツの悪さ。
こんな出会いが体を軽くしてくれる。
走り終えると体の細胞が入れ替わったような感覚。快感。
週に1度はこれくらい走りたいです。
Img_716b842a72676020c2c4704c11a180842b34d836
天気がいいので屋根の下でご飯を食べることにしました。
餃子を焼いていたら、ご近所さんも集まってきました。
子どもたちはいつもと違うシチュエーションでの晩ご飯に大喜び。
食事が終わった後、子どもたちは「風の谷のナウシカ」の上映会。
薫月は画面に吸い込まれそうです。
Img_cb3a71aeb961e21e6c3f62dc698554b04b3aab21
ユキちゃんが脱走しました。
玄関で昼寝をしていたはずなのにいつの間にかいません。
家中探しても見つかりません。
近所を探しても見つかりません。
どこへいったんだろう。
自転車のって近所を探しても見つかりません。
あきらめて家に戻ったら、家の裏から「いたー」と駿平の声。
ユキちゃんは裏の畑の方から全速力で自ら家に戻って来ました。
ご近所のみなさんお騒がせしました。
Img_3dd9ec573afb3f208610de93f9ef775c03564683
Img_c24dc19b30781dbff6d13fc7e1296c7134659812
Img_9badcdd7927d702a6d669fe6ea116c22cf0da372
朝ラン3キロ。
田んぼと畑をぐるっとまわる1キロのコースを3周。
1周目と2周目と3周目。
同じ道を走っていても太陽の動きで違った景色を見せてくれます。
Img_3224e58c408ceff00ccacf2e4ad331718d50c41a
Img_fa8782ecb736b58645ae63e9f3a640b769452226
Img_6f8e344b8457a2a37711bf4b6111fea6728857b7
野菜のかけはしが借りている畑でレタスの収穫。
種から育苗して3月に定植。
5月には立派なレタスになりました。
野菜のかけはしに参加しているメンバーはみんな畑の素人。
農協の方々などに協力して頂きながら作ったレタスは格別の思いがあります。
もちろん完全無農薬です。
この日、いわきから移住してきたお友達たちもレタスを買いに来てくれました。
Img_12aed58fe44a6502b12e43b9f02e28bb6eecd774
Img_74f34e4471e93fe166c8a034fac16f4389ca5865
Img_6f8d77ad8ff0fb2d53f44c8301bc591defe288c9
野菜のかけはしがお世話になっている三郷の有機農家の畑のお手伝い。
なんと時給300円支払ってくれる。
僕は使い終えた畝の草むしりと雑草運びとネギの定植。
妻は菜花と小松菜を摘んで商品としてラッピング。
2時間まるまる働き通し。しっかり体使って1人600円のお給料。
妻とあわせて1200円。この日の2人分のランチ代を稼いだことになります。
Img_6fccdbc5a8e8acd7621e0c60200b6f6a3365a1d4
Img_af82dbed7b8f6521fb992cc7011b1f4944f09007
Img_1085f3633a04952d0399779eeef46ff9083fe0d1
珠ちゃんも畑仕事いっぱいお手伝いしました。
菜花を集めたり、雑草とったり、母さんのお手伝いをしたり。
持ち帰った菜花は珠ちゃんがご近所さんに配りました。
野菜のかけはしにも付いてます。
Img_17c6eeb67f1cb8d907051b3e9ce621679ea46fc2
Img_8970d94af5ddbcacfc20784d9edef23f551cdfb5
野菜のかけはしの畑でレタスの収穫。
大きいです。
美味しいです。
Img_50a4fd90b893ed27b37db771cfa700b3029fec72
Img_5f223f78ff8ce2592bca2204169f401cabd67e9f
練習試合。駿平は1番ピッチャー。
初回にいきなりの猛攻に合い5失点。
慣れないカーブを投げたりしていたようです。
その後は穂高も得点を重ねていき駿平も3塁打を打ちますが、結果追いつけず大敗。
これから試合を積み重ねて試合慣れしていけるといいですね。
Img_781f9529945fb4098802aaa1c925cdc53729ddeb
Img_af9a767ceabe814ad7608719878178f33eaadcff
Img_a3b808c7a7bbaa369348b1d21ac6e08d8cb87424
薫月と親子サッカーに行ってきました。
珠ちゃんも一緒です。
まずはいつも使っているグランドの整備。
芝生の中に入り込んでいる石の除去。
小石拾いかなと思っていると、拳よりも大きな石が地面から出て来たりするのには驚きです。
整備が終わると親子サッカーのはじまり。
お父さんチームは4年生以上の子どもチームと戦います。
お母さんチームは小学3年生以下の子どもたちと戦います。
それぞれ白熱した試合が行われました。
大人といえども試合となればみな本気。
我らがCチームは3勝2分けと善戦しました。
珠ちゃんは、男の子たちに囲まれ遊ばれています。
試合の後は五月晴れの下、みんなでバーベキュー。
子どもたちも大喜びでした。
Img_6f3e6c3d620fd24edf919a13be0221240d8a4847
Img_6340e780422f155692059923f3fb6d47e116d8f4
今は夜明けの時間はほぼ5時ちょうど。
5時前に走り始めて見えて来た夜明けの太陽。
この写真を撮った数分後に、太陽は厚い雲の中に隠れてしまいました。
早起きは三文の徳と言いますが、夜明けを見ることは3文以上の価値があります。
Img_6e7039d929dff983d447a15b7bc33b0b87bc54b6
Img_7dd1e520b6d2ca4d1aa8a2763dd8aea46a7faf55
Img_c4aa9549d091b435c338bf5b946aa84efca637b4
気分転換に水汲み。
ここに来るだけでリフレッシュできます。
Img_8dc77bfe68087b97818f74af9bdac07c8604df2a
妻たちが昨年からはじめた「野菜のかけはし」。福島や東京で被災された家族や幼稚園などに安曇野の新鮮な野菜を送るプロジェクトです。昨日、信濃毎日新聞に取材された記事が掲載されました。地道な活動ですが、少しずつ地元の理解者や協力者を増やしています。

信濃毎日新聞の記事はこちら
 (Click!) 

応援よろしくお願いします。
Img_933ff5767ea9a5e2549a7d53c32e83d80ec3aa2d
Img_423f64a1a6040ae91916dc7ad338ea9988b9bf93
満願寺へ水汲みに行った帰り道、我が家の庭の屋根をつくってくれた高橋さんのお宅に顔を出しました。
山麓線から少し外れた森の中に佇む別荘地の中の一軒家。
キッチンにガスは無く、お風呂のお湯は近くの温泉スタンドで汲み、
古民家の廃材やその土地の木を使って住みやすいようにつくり変えながら住んでいます。
ベランダにはトランポリン、玄関にはバスケットのゴール、家の裏には趣味が高じてスケボーのハーフパイプまでありました。キッチンの窓からは眩しいほどの新緑。家に居ながらにして森林浴が出来ます。
絵本「大きな木がほしい」に出てくるおうちのようです。
穂高から車で10分ほど走らせただけでこんな世界が違うのかと驚きと憧れで気分が高まりました。
Img_e80c0200e445e562faeceed88f227ceaa8b9a3cd
そしてこの家に同居しているササさんがこの近くの土地を買ってそこに畑をつくり、
住むための丸太小屋を建てはじめたというので見に行く。
安曇野を見下ろす小高い丘の上、足下にはふきがびっしりと生えていました。
農家としてこの土地に暮らしながら、自分の家も自力で建てるという。
おまけに水力発電なんかも取り入れるというから、まさに北の国からの黒板五郎さなからです。
いつかは自分の家を自分の手で建ててみたい。
安曇野にはそんな夢を叶えた先人たちが山ほど居ます。
ご指導いただきながら、我が家のこれからを夢想するばかりです。
Img_9319d429b17f10b55d7d30ea6782d9fcbadb54c4
そして、自然栽培を極めた山田さんのところへ種を頂きに行く。
山田さんは福島で自然栽培をやっていたのですが、震災後あちこち移動しながら、安曇野に根を下ろした方です。
種の話、畑の話、農薬や土の話など、話題は尽きません。
お宅にお邪魔すると春に撒いた種を大事に育苗していました。
数十種類の野菜の苗を育てているのですが、丁寧に育てている様子がわかりました。
その日の気温や湿度など、細かい気配りが出来ないと、小さな芽はいとも簡単に枯れてしまうのです。
我が家がこの域に達するにはまだまだ時間が足りませんが、
少しでも近づけたらと思っています。
Img_603a4426943cdc744980afe7c2f2a106493ac97e
車を購入しました。
今までは誰かに譲って頂いたりした車ばかりでしたが、
今回は新車ではありませんが、比較的新しい車です。
大家族6人がゆったり乗れて荷物も乗せられて、冬は4駆で雪道を走れて長距離通勤にも楽な車を探していたら、
三菱のデリカD5になりました。
この車にもいろいろ種類があるので、ネットで探して行き着いたのが茨城のお店。
遠い、と思っていましたが上野から1時間ほどのところなので、時間を割いて見に行って即決。
ようやく納車となったのでした。
長く大事に乗っていこうと思います。
Img_58d35d0e74d6679c0800d0bea3b5e966c79d1863
Img_ae0a9e939822181c3bfdcfbe26341554c68cd38a
Img_f77a8acaf34242a7902ed2abdb11a56081041f3c
駿平と薫月の野球の練習をする川沿いのグランド。
汗ばむくらいの暑さだけれど、時折吹く風が心地いい。
その風にのってどこからともなくふわふわと白い綿が飛んで来た。
綿の元を探してみると、近くに立っていた大きな木に辿りつく。
こういう自然の息吹を感じられると嬉しくなります。
後日、調べてみたらこの木がポプラの雌株だということがわかりました。
Img_d8cd6bfd9b408fde0f098f10182400b9e7e7e589
Img_55cbe96659402245e58c71576b5a50659cb44f20
Img_01a774fe847f5703549dfd550d07897d2d6faa14
松本の陸上競技場で行われた安曇野市の陸上大会に駿平が出場。
南小のリレーのアンカーを務めます。。
400メートルトラックで1人100メートルを走り4人でバトンを繋ぎます。
10チームが2レースに分かれて戦い、タイムのいい上位8チームが南信大会に進むことができます。
スタートからどのチームも接戦。
駿平のチームも3位くらいにつけていましたが、徐々に抜かされていきます。
アンカーの駿平がバトンを受け取るときにはすでに最下位。
そこから全力でゴールを駆け抜けるも、挽回することは出来ませんでした。
幸いタイムが良く全体の7位につけ中信大会に出場出来ることになりました。
おめでとう。
次の大会に向けてまた練習だね。
Img_a31eb52f83fda70a46e0e151a4e1d64301f7bb9c
Img_c1bf93237a430da20d97e50c453347e8b83bcb73
Img_72da773c7199b0ae56d68b7695d0b5072448e48c
生まれてから10年、あっという間に過ぎてしまいました。
芯のしっかりした赤ちゃんで、本当にうちの子?と思うくらい凛とした空気を纏って生まれてきました。
あれから10年、我が家にとっても激動の10年でした。
そんな中、駿平は自分のペースをしっかりと守りながらもほどよく適当。
いい塩梅で10才を迎えられたと思います。
日記を欠かさず書くところは、父ちゃん見習わなきゃならないくらいです。
これを期にどんどん身も心も大きくなって欲しいですね。
プレゼントもいっぱい頂きました。
10才の誕生日おめでとう!
Img_0b568fe49e6c172a9ad08b9262a7d4b9bba9a939
Img_02bc758151e5e1fe6bfb087ced7b0728456168b9
Img_7d297e5a1d15dd4f7cbcf4e507e0f0de74e554eb
朝ご飯を食べている間に金環食がはじまりました。
日食グラスを用意していたわけではなく、写真のフィルムを重ねれば見えるよ、と聞いていたので、
要らなくなったフィルムを引っ張りだしてみたけれど、真っ暗で何も見えず。。。
カメラのレンズを通して小さいけれど日食の様子が見えることを発見。
子どもたちの手の上で日食が進んで行きました。
南小は学校で金環食の観察をするというので、小学生2人は早々と家を出ました。
近所から賑やかな声が聞こえて来たので外に出てみると、ご近所さんたちが集まっていました。
望遠鏡を持ち出した方もいて、覗かせてもらったりして朝から大にぎわいです。
安曇野は天気も良く、少し欠けていたけれどばっちりと見ることができました。
Img_e278d1ccc8aadd067b877ecd24a33a21fdd27ccf
Img_ff99e2e8544eb0734581c44dcadb4bacf31e69a2
松本城のすぐ横にある松本市立博物館で行われているみすず細工展に行ってきました。
新旧合わせた細工が奇麗に陳列されています。
歴史的な背景も見ることが出来てとても充実していました。
僕が撮影編集した映像も流れています。
お時間ある方、5月27日(日)までの開催となりますので是非どうぞ。
Img_aa131403c72ca5a75e8e41ff5c43c1c3cef94fd7
Img_c8868bf3187cc3ce7b2fbd4544fdbef25f8867c4
金環食を見た後は、松本の廻巡庵で麹づくり。
妻たちが作業している間に僕は松本へ打ち合わせ。
そしてみすず細工展を見学。
廻巡庵に戻りお昼を頂く。
午後は畑でカボチャなどの苗植え。
その後、満願寺に水汲みに行く。
帰って子どもたちとキャッチボール。
あっち行ったりこっち行ったり忙しい一日。
安曇野暮らしはのどかと思われますが、分刻みで動くほど忙しいです。
Img_65b6398a575962ad3289a3191ef6c14b79907362
水鏡。
空に苗が植えられているようです。
Img_d8bb7c197babae86f030cc1fa5e01478bc5d561e
珠ちゃんの髪の毛で筆をつくりました。
生まれてから3歳の七五三になるまで、一度も髪の毛にハサミを入れることはありませんでした。
七五三が終わり年末に切った髪を丁寧にまとめて筆屋さんに持ち込みました。
作ったのは「赤ちゃん筆つくります」の張り紙がされている藝大近くの筆専門店。
こういった筆を作れる職人さんもほとんど居ないそうで、申し込んでから3ヶ月ほどかかりましたがいい記念になりました。
大切にしていきたいと思います。
Img_47e1406db95e465b71fa50df52df289fe0ad90ce
安曇野市の陸上大会。400メートルリレーで駿平が7位の成績を収め賞状を頂きました。
「栄誉をたたえる」
おめでとう!
Img_de82b97b3296e47586ae8616b5eeb8bc32513d8b
Img_b40a3ac8883b506befccedd73840ca6828c0e866
Img_706a469a926d6ff12d4df1955fe693a8961ad812
東京から大学の同僚の柚木夫妻、マラソン仲間のぐっさん、芸大の卒業生ほっこ、そして檸檬の実の井田さんがやって来た。
三好家ならではの安曇野のおもてなし。
有名な観光地などは無いですが、安曇野らしさ満喫の2日間にしようと思っています。
はじまりはじまり~。
Img_3af7cbe73849cbf7df1ef917bfeb4e919bfce8a4
Img_19b1edb924a6847538ecdf6ca68063524241b3c7
1日目
朝食~満願寺へ水汲み~松本でクラフトフェア散策~「シャロムヒュッテ」でお茶~珠ちゃんと森の子散歩~温泉~玄米菜食の晩ご飯~宴会
Img_455831ff66792d30fd1e0734338966c8cc79b258
Img_5994008f6158890054b729614bf2036102b4d476
Img_25dd2903c45563e8e1aefb48eb3ec070d79d9a71
友人たちを案内する珠ちゃん。
ここは野外保育森の子の定番コース。
道無き道を先導してくれました。
北アルプスを背に安曇野を見下ろす山麓で、美味しい空気に包まれ最高の気分。
家に戻ったらみんなぐったりお昼寝です。
小学生は宿題に勤しんでいます。
Img_9ead16585449a250ac0ca49b34aa44fdf76ec393
Img_e0080fa167699df20c98413221f42936ec348ec9
Img_1525f73b4e44cdd8638512d1742c4a5766b17bbc
夜は妻による玄米菜食プレート。
お肉はありませんが、みんな大満足。
コロッケ、美味しかったなぁ。
そして夜の宴になり、夜更かしする廉太郎と珠ちゃん。
男のロマンを語る山岳部出身の二人。
ランタンつけてコーヒー入れて、気分は山小屋です。
初めて飲んだコーヒーの味に「美味しかった」と廉太郎。
ちょっぴり大人の味がしたのかな?
Img_d5636805e71603cc8c1f5f016e89cec1c278cf8c
Img_c559c2f708b5ffdb8d79872629170f89cb6842e3
Img_535028e3a231af29b900cd128282888a2ed49997
夜明け

卵の黄身がプルプルしているようなプルップルの太陽さん。
素晴らしい光を頂きました!
朝5時前から朝日を拝み満足な面々です。
Img_d8b8e675ffa214bab911a4be6cfa4d7908dbc8e9
Img_9327d9188bf93f1691caa26f83b9ed85341ff1c2
Img_36481fe091f2c35b8ff12a6e8871a9c1d59d0ccf
畑仕事

畝を立ててカボチャとサツマイモの苗を植えました。
大勢で取りかかったらあっという間に終わってしまいました。
人の力ってすごいなぁ。
みんなありがとう。
Img_af74bb11d466c08561ee817fb13ae3e06c75499e
Img_c0b2045b9a3f151a8ca2d567c17bc68c522a0794
Img_39cd822dbb4a8edb4d4436fd2814944d1d505ee6
よつばのクローバー

子どもたちは学校へ行く支度を終え朝食の支度中。
ユキちゃんの散歩を終えた廉太郎が、お客さん全員によつばのクローバーのプレゼント。
家の側で採ってきたと言う。
5つ採ったつもりが4つしか手にしていないことに気づき、「もうひとつ採ってくる」と、すぐにもう1つを採りに走った。
誰に言われる訳でもなく、こんなプレゼントが出来るようになったことにちょっと感動。
中学1年生ってもっと斜に構えて素直じゃない年頃だと思っていたけど、廉太郎はそうでもないようです。
安曇野に引っ越して1年。
心の成長の一端を垣間みたような出来事でした。

お昼を穂高神社の横にある「とりい」でお蕎麦を頂く。
穂高神社にお参りして道の駅でお買い物。
安曇野の野菜やお花などをお土産に一行の旅は終了。
美味しい空気と我が家の美味しいご飯ですこぶる元気になって帰路につきました。
最高のおもてなしが出来たと思ってます。
来た時よりも元気な顔になっていたのが何よりもの証拠。
2日間、裏でご飯の支度やら何やら一手に引き受けてくれた妻に感謝。ありがとう!

2日目行程
4時50分起床~日の出を拝む~ジョギング、散歩~朝食~畑仕事~蕎麦屋で昼食~道の駅で買い物~解散
Img_01abe404b4d4a6dcae0aa62de139421c7f64b4f1
Img_c013bc9f99c98ec13b707c51b001e38c4dcde10a
Img_f912a63fed1e60c96c37ebd456ad4c6ca1723a63
柚っ木に仕込まれた変顔。
子供たちにカメラを向けるとこればっかりです。
Img_8a61c7d98a9030600d491c052aa8b5e266206033
Img_9fe1654b48840c643834d18e9387ac338bca49d7
Img_d390a73f8c876d1aa4732ae991d11e3c74c010b1
自筆の文字と似顔絵。
お上手!!