Homebase Diary
Text Size :  A A A
  diary  |  hotaka  |  profile  |  works  |  bbs  |  contact  |  Link  
Img_6180284413cabc9d4cf93cb9f42de29bedba0891
畑の雑草を片付けていると、次から次へとかぼちゃが出て来ました。
大きさも色も様々です。美味しいといいなぁ。
Img_cc85f1661dd7662a4319f5c84023a96f8a490b50
Img_d6e4a4cf0113a1a0b66ba8ea80b317e784dae7c1
朝焼けが田んぼに映っています。
この吸い込まれそうな美しさを見せてくれるのは、
夜明け前のほんの数分。
Img_2f4a660769e9f5d20f79dfc219c7ce065c20e3a4
妻と朝日ラン。
穂高川沿いを走り早春賦碑を抜け醍醐家の湧き水でひと休み。
「おはよ〜あさだよ〜!」
その後、穂高神社を経由して我が家へ。
お気に入りのコースになりました。
Img_98043158c90b4b6297c2427cc304e1852a087e04
サッカーから帰って来た薫月と二人でお昼ご飯。
リクエストに応えてチャーハンです。
アツッ!
ハフハフしながらきれいに平らげました。
Img_54ff8e9415c94542a88a1cf25ed61e8e91653bee
Img_cbcb0c3eb9a0b4ec828a65d81697fa0ccf2fc4f7
Img_932f3c8ccb5dc1d2a524caa53e9c6d0e4e268c66
Img_d2ede5e0c73f61260b24cd0a87b9f30c650dfc56
Img_7e2b69cc33f042698af470d862414ea0f707d104
Img_6edd0d508373bb18027e2e0628bb96052ba2c1ce
Img_867866c1796cb75c7694e6faf25e4f97dfb29b5a
Img_b9c4cc90ce208c396e8dad7ba96c91d628f96ce8
Img_c06ea0d851d1bbfa9761e61b3b8386ff9cf98683
Img_96103d4e0f004e58040b0bbe7451ec77630c8b51
Img_9098213e16e8d3e383789337d4e59e75415cbb7d
Img_73699584949eb77100ab4fa18ad48695cf45586f
薫月の希望により髪の毛を12ミリに切ることになりました。
薫月は髪が長い方がいいんだけどなぁ、と思いながら、本人の意思を大事にしようと思いバリカンを手にとりました。
途中、遊びながら切っていったのですが、本人もケラケラ笑いながら楽しんでいました。
刈り終わると、マルコメちゃんみたいでいい感じの田舎坊主の出来上がり。
新たな薫月の誕生です!
Img_b5d73cbd8b6ca9258be0d085b58a839787f79622
坊主あたまの出来上がり!
Img_8a986678cc6a3f49aad2b506a11e416fa46c0597
珠ちゃん今日から週5で野外保育に通うことになりました。自然の中で自然の変化を感じられるのびのびとした時間になればいいなと思います。
Img_2e4052b03407354e380bd47f20412ef90ee834ec
ここはどこかの熱帯植物園?
いえいえ、珠ちゃんの通う野外保育で借りている野菜のかけはしの畑なんです。
雑草とって畝たてて、秋野菜の種を蒔いていい汗かきました。
Img_bd5275af6ebd575b4a3a9942dd86a75e5e8d7a9d
トマトが今か今かと待ってます。
畑仕事の喉を潤すのは、もぎたてのトマト。
体の芯まで染み込みます。
Img_6aec8017e4e48b0a8745e2eb109a7e01455c77cc
花火を見ながら何を考えているんでしょう?
Img_c84c692366cbdaec0322c1002a26250f24432df5
近所の子を誘って。
この夏、最後の花火。
一つの火を燃え尽きる前に繋いでいく光景が微笑ましいです。
忘れられない夏になりました。
Img_89810c99cad5e7c5a7cf0ac3b797c2976413a2fc
藝大の学生が1年で一番弾ける3日間。
エネルギー溢れてます。
若いっていいなぁ。
Img_c3689357b630676235e092c141e6560da232c3ee
以前務めていた会社の先輩ご家族が安曇野に遊びに来ました。1泊2日の滞在。
妻の手作りの玄米菜食のランチにはじまり、穂高神社の相撲大会、ちひろ美術館、温泉、お蕎麦、夜の散歩、就寝。
起床~朝日を浴びて、畑仕事、玄米菜食の朝食、満願寺の水汲み、お散歩、セルフビルドのお家見学、お船祭り・・・
と盛りだくさんでした。
安曇野の空気でリフレッシュ出来たかな?
最初は緊張していたちひろちゃんもだんだん笑顔が増えてきました。
もっと安曇野に居たかったようで、別れ際は無口になってました。
また遊びに来てね~!
Img_0c6732f026a79d8112c3b88e7c130ea0a1aac32e
穂高神社で行われた子供相撲大会。
昨年1年生で優勝し、今年は「手ぶらでは帰ってこないよ」と豪語していた薫月。
1回戦、相手をあっさりと押し出して勝利。まずは1勝。
2回戦、昨年度の決勝で対戦した体の一回り大きな相手に対して、下から攻めていきます。
土俵際に向かって勢い良く押し出そうとしたところ、
相手がすっと体を引いたので勢い余って膝が着いてしまいました。
残念ながら2回戦敗退。悔し~い!
負けるつもりが無かっただけに複雑な顔してます。
Img_c053a7488f59c55cdffd42022bf5cc5dc2b63160
1回戦
Img_81dc5e0ead76f1e95c46fbf31234f05ff066868e
2回戦
Img_4051f4adf00946079d67057153e6cd59f339418e
決勝戦
昨年「優勝するぞ!」という思いばかりが先行し、優勝候補の同級生に敗れ、まさかの1回戦敗退。悔しい思いに涙しました。
その思いもあり、今年は「絶対に優勝!」と決めている駿平。気迫が違います。
1回戦、ハッケヨ~イ ノコッタ!相手と体がぶつかった瞬間に軽々と投げ飛ばし1勝。
2回戦、1回戦同様相手を瞬殺。倒れ込んだ相手と駿平の手がほぼ同時に土についたのですが、駿平に軍配。
そして迎えた決勝戦。昨年初戦で対した相手であり昨年の覇者でもある同級生。両者気合いが入っています。行司さんも真剣です。
力強いぶつかり合い土俵際まで押し込まれますが、そこでくるっと体を返して一気に押し出しました。
ついに掴んだ優勝。1年間どうしても勝ちたいと思い続けてきたので感慨深いです。
優勝おめでとう!
Img_300bf11c6f5618948181d69d38f351e7d8eff714
ついに手にした優勝トロフィーと賞状。
おでこの左側の髪の毛が薄いのは、妻がバリカンを逆にもって誤って剃ってしまった痕です。
不格好な髪型に以前であれば涙して塞ぎ込んでいたであろう駿平ですが、
「ん~変だけどちょっと我慢すれば髪の毛伸びるからいいや」と全く動じなかったそうです。
バンクーバーから帰り、本当に頼もしくなりました。
Img_504dee291f928bc02b085d53020019e6956407b5
お祭りの準備でしょうか。
小中学生くらいの巫女さんが境内をゆっくりと静かに歩いていきました。
Img_d0dd52d2c45037402bb5c5620c40795655a6b709
行きつけの蕎麦屋「やまに」でお腹いっぱい天ぷらと蕎麦を頂いた後、
家まで腹ごなしに歩いて帰ることになりました。
安曇野の夜は闇。街灯の先も真っ暗です。
暗い夜道は遊園地のアトラクションよりもワクワクします。
子供たちはキャッキャッいいながら走り回っています。
Img_9249e16d72b0013e958e675bb5761ac2341948c3
朝日を浴びながら、イェーイ!!
おちゃらけ珠ちゃんです。
Img_1bbaa0407b3bd1744ffa7ca8bcad1a2d510dddc6
大人と戯れるのが大好きな薫月。
高〜い肩車。嬉しそうだね~。
Img_9ca4c866505eaef952275e2f3a913633ea4146cf
Img_fde1002f3669cc54ecd313808a43b268389af9db
ちひろちゃん、トマトを摘んでいます。
慣れない畑仕事だけど一生懸命。
水やりだって真剣です。
Img_c23d6f819ef77d4986c2d1ba78dc10eeb2611738
水汲みついでに満願寺で森林浴です。
Img_7e869f87ebe59f3b5e93be72ba2725da12291e66
炎天下の中、サッカーお疲れさま。
今から祭りだよ〜。
Img_20c9f4e3da9e60cf5805c3e59e72d3e024a19830
廉太郎に「写真撮るよ~」というと「いいよ」とそっぽを向かれてしまった。
中3から小5の男の子たちのいる公の場の中で、彼なりの立場がきっとあるのでしょう。
家族と仲良くしているようなところは見せたくないという中学生らしい感情の芽生え。
寂しくもあり、嬉しくもあり。
Img_cc003b74db1609d9f9e23d943151a11a0e72e8b4
神楽殿で小学生の巫女さんたちの舞台。
醍醐家の娘さんも巫女さん姿で静かに舞っています。
その土地に根付いた伝統をこうして引き継いでいく。
祭りを通して学ばせてもらっています。
ご両親も娘さんの姿にメロメロ。
僕も美しさに魅かれシャッターを押してました。
いつかこの舞台に我が家のやんちゃ娘も立つのかな?
なんて考えながら。
Img_22c4793ec8463305f638321ff43751e117fd4af5
薫月が学校で描いた絵が参集殿に飾られていました。
のびのびしていていいですね。
このままのびのび自由でいて欲しいです。
Img_50c9b63e7fa146709fae14bb30a0d27f9b1a0784
昨日相撲大会が行われた土俵は子供たちの格好の遊び場。
駿平は薫月相手に容赦なく技をかけます。
弟は辛いなぁ。
Img_888101a582b3f95774b5626e5933dd0197da276d
穂高町区の子どもが一同に揃いました。
Img_61280ee321b6608264725c3055c68760f6307a03
穂高神社の境内を3周まわってから町に出ます。
Img_a87fd49f307e8493d11a32a929988fc393979b94
子供のお船が町中を練り歩きます。
駿平も大声出して引っ張ります。
Img_3e91e748402aa3afa197c262bb20f16d4a0fe24d
外の見えないお船の中で太鼓を叩く廉太郎。
何を考えているんだろ?
Img_cd1f9aa424e199ab8c87fc3b50debe8b34146d0e
子供のお船が町中を練り歩きます。
駿平も大声出して引っ張ります。
Img_7a7d9f113b26f0b8f7902b0e33813945b4f2557c
本日のお祭りは終了。
Img_fd1b82390bb978223dfcb99a76d6e0c0c0d9bc7d
珠ちゃんと散歩しながらお花摘み。
手にしているのはにらの花だそうです。
Img_df307a0632156fdb4d26993d13c1d8add4acf49d
バンクーバーで愛さんと学さんと駿平が一緒につくったイニシャルがプリントされた手作りのお土産。
背中にはVANCOUVER2012 SUMMER。
あれから1ヶ月。
もうそんなに経ってしまったのですね。
Img_e0b0cec6be3920d7e2e3c227a7df85d7f9aca733
快晴の北アルプスを背に、穂高へ来て2回目の運動会。
Img_ad6e582d447dc16f5b50211729f83bbbb740c53e
赤組と白組の応援合戦。
エールの交換っていいですね。
自分たちの応援の後に、相手が頑張るように応援する。
お互いが全力を出し合って戦うことへの誓い。
こういうのって大人の世界であるのかしらと考えてしまいます。
Img_355dcfdc42f7234918e384239af690a01991a9a7
4年生の男子の徒競走。
一緒に走るのはリレー選手ばかり。
相撲で優勝して乗りに乗っている駿平。
もちろん目指すは一等賞。
集中力を高めてクラウチングスタートでレースが始まります。
いいスタートがきれました。
そこからスピードにのっていきます。
カーブから直線に入ったところで一歩リードしている様子。
そのまま直線をゴールまで力強い走り。
追い上げてくる他の選手を押さえてフィニッシュテープを切りました。
お見事っ!
昨年4位という成績に終わっていたので、今年こそという思いで走ったようです。このレースで1位ということは学年で1番速いということ。
軽々とやってのけているように見えますが、日々の練習あっての賜物なのです。良かったね。
Img_013ffad6606f2b671cd066361f5fe3863573d486
珠ちゃん、かわいい系。
Img_aac9212b8e15cafdb59ddd253aaf65a272de0711
珠ちゃん、おちゃらけ系。
Img_cb6773ab6b570ba21c5dea733f06c5750ec2a0df
校庭の端にある土手で滑って遊ぶ珠ちゃん。
何度も何度も繰り返し滑ってます。
Img_2e1caf313c8ad456a84266a88beb6753f4036c5f
運動会の前日、熱を出していた薫月。
朝には熱が下がっていたので元気に学校へ行きました。
けれどもあまり体調が芳しくないようで、自分の出番以外は救護室で休憩することもしばしば。
それでもかけっこは頑張って2等賞。ダンスも元気に踊りました。
多少辛くても出たいという気持ちと緊張感で乗り切りました。
よく頑張ったね。
Img_10c73501c920a17f69d449dfee31771be4391a91
Img_64cfecd7045712d2acf6be91c3ab4024e2fb4999
Img_9ccc0dc5f81fa06e155d712fad3d7208d6dc129f
穂高川の川沿いからわさび園の近くまで走りました。
朝日と清流と稲のはざがけ。
トンボがいっぱい飛んでます。
Img_2d8471932b5963493aa34b519c82a18f204694ac
父さんの肩の上で何かと繋がっている珠ちゃん。
いったい何と繋がっているんだ???
写真は薫月が撮りました。
Img_fa601f1e8ae5fdc63756bf643117c8a92e314193
Img_6144a1b9f76c5e1a57922a78ef8ae70318e0c060
Img_634bb1157cad45cf85b4da9b128253b7d59e00fa
山麓線を登っていったところで丸太小屋をつくるササさん。
ちょっと時間が出来たのでお手伝いしてきました。
手伝いが飽きた子供たちは猿の声が気になり薮を分け入り山の方へ。
生い茂る草の向こう側て「カリカリカリカリ・・・」と音がします。
猿がすぐそこに居るのです。
空から木の実の欠片が落ちて来たと思い見上げると、猿が木の上を飛び回っています。
こんなに身近に猿を感じたのは初めて。
動物園では柵の向こうの猿山を眺めているだけでしたが、ここでは四方八方に猿が居ます。
Img_a61df1b88f0f70be2df2a65c1e22eff701e00ada
朝のユキの散歩は廉太郎の日課。
1日のスイッチを入れるのに大事な時間です。
Img_f0b6e6ff86a3fad8c254db250c59446c84014b01
Img_62fb75dc10d1a37d6d598bc8c0a660bf3f866598
Img_3848ce241ddcf17873006dd03491dd8a2e78b7d2
空の色がきれいだったので外に出てみると、
そこに広がっていたのはとんでもなく神々しい空でした。
西の空は太陽を中心に放射状の光の線が広がり、
空を見上げれば、綿飴をちぎったような雲。
そして東の空には虹が架かっていました。
あまりの美しさに、研究室でパソコンに向かっている先生方や同僚たちを呼んでしばし日が暮れるのを眺めていました。
圧倒的な美しさは人の心を鷲掴みにします。
Img_c0bee90050fc74a95bb9ab5fded478e62e81ceab
散歩しながら摘んで来た野花。
秋の入り口は、小さな花たちがこっそりと咲いてます。
Img_643f3b916cba40241918460c6f8e59a586da4900
珠ちゃんも野球やるの???
Img_be8239cb95ef830c878f2eb613da2d4896d40a13
「主人がイカ釣って来たの~」と、
今朝あがったばかりのイカを頂戴しました。
平林さん、いつもありがとうございます。
Img_fca847dfe27effdcaa3eb0ecfdad61c6543153be
Img_36184da2e87b654d56f8b754659586afb1bc3284
夏休みの宿題の新聞研究が努力賞をとりました。
穂高南小学校全体で選ばれているのは5人程度。
松本のスーパーの広場に中信地方の小学生たちの力作が並びました。
「おかあさんのお手伝い新聞」や「自分の生まれた日新聞」、「山雅新聞」「山登り新聞」などテーマが自由です。
駿平、快進撃が続いています!
Img_3f91133879e9e94d793a1c698b54514364a02f01
Img_0d0f255167488b12d735d6266b6879f4f2dc2726
Img_02ca22eb79c67909e1d5717c0511d70228bdef30
思い立って松本市美術館へ草間彌生の個展を観に行ってきました。
面白い!
今も尚、精神病院に暮らしながらも創作活動を続ける。
溢れ出るエネルギーが凄まじかったです。
壁いっぱいに広げられた作品を見ながら「どれが好き〜?」などとやっているだけでも楽しいです。
安曇野に越して来てから、なかなかこういう時間がとれずにいましたが、
これを期にもっともっと美術館巡りなどもしたいものです。
Img_06dcb91c6644712113c0cf2a3a69d0b0e4cd8927
我が家から歩いて5分。
穂高一有名な美術館、碌山美術館へ行ってきました。
恥ずかしながら、ここに暮らしはじめてからまだ一度も足を踏み入れたことが無かったのです。閉館間際に滑り込み、しばし散策しました。
ゆっくりと彫刻と向き合う時間が心地よかったです。
閉館の5時に鳴らすベルの音が穂高の町に響き渡っていました。
今日、三好家は美術の日です。
Img_6003bc4ae331f67d6b219d15db5390ede3375ae7
窓を這う蛙。
垂直にくっつけるってなんて自由なんだろ。
Img_0e578c78e4053fe06b01babab9eedba758401bd3
素振り頑張ってマメだらけの手。
これを何度も何度も繰り返していくのです。
Img_b9e0eaea68afa7340cb2196ac5af929e880af136
田んぼの稲刈りも終わり、あたりはすっかり秋色。
空気も少し冷たくなって美味しく感じます。
この季節が楽しめるのも束の間です。
Img_5b787d0547c17a51fb3a32110aaaa02522242dff
摘んで来たのはいいけれど、
こういった野花の名前をちゃんと調べる時間が欲しいですね。
Img_79867185f1adaa4cc8a3590817a20d909d08c11f
Img_3cf2d3c8bd6dfbdb8f72e7fb8121d9303e4b1ddc
畑の入り口に立っている栗の木。
子供たちは栗の収穫に夢中です。
枝を揺らしたり、木の棒を投げたり、倉庫の上に登ってみたり。
遊びと収穫の一石二鳥。
近所のお友達と毎日のようにやっています。
そろそろ栗落とし名人になったかな?
Img_08d7290c449448d18373c270bfe6da063713d067
畑で育てたキュウリの種採りの実践。
種採り用に大きく育てて黄色くなったキュウリ。
来年に向けて種を自家採取。
半分に割ったキュウリの種をボールの水につけてぬめりをとります。
それを3回繰り返し、あとはざるに広げて陰干しするだけ。
自分たちで育てた野菜の循環を知るいい機会です。
Img_0469374fff846ef0faa4a79061c362a511f19348
Img_ad60d2266a8601694cdb49b1e9bf2bc3d503ab6e
カナヘビ捕まえた!

包丁もってトントントン。
料理するのも楽しいです。
Img_757b67f868984dd9c342fb47a7ab758c75bde3bb
葵姫の舞。
100人を超えるカメラを構えた観光客の視線を浴びながら。
すっかり穂高の景色になっています。
Img_ff4208b7ce1f621827496bc359b714dddf20a0df
お小遣いをもって屋台で遊ぶ薫月。
野放しにしていたら、あろうことか射的とくじ引きに2千円以上使ったそうです。
戦利品はワンピースのおもちゃなどせいぜい300円分くらいのもの。
自分のお金だからいいけど、、、お金の使い方覚えようね。
Img_8a07d65b8b1a8dabdf1751263040d51f8d91e8f8
Img_0138416441e22128ccf324a447a75dff4f282873
Img_a26473681852d1751323adadce004c563b986f0b
毎年9月27日は穂高神社のお船祭り。
町内会が作ったお船が町を練り歩き、神社の境内でぶつかりあいます。
後で知ったのですが、本殿の前で待ち構えるお船と、それに向かって突進してくるお船。これは女腹と男腹が合わさることを意味しているんだそうです。
そんなことを知ってか知らずか、お祭りは盛り上がります。
Img_6f0f99a714cd20f98182849a6f8f73d192ccfd62
お囃子が乗っているお船は女人禁制です。
Img_0f09b3afdaf70e5ec940c92b7c4c9f7bc67ef2c3
中学の校庭でぶら下がる駿平と薫月。
どっちが長くぶら下がれるかな~?
Img_af060b7f2763622b7b153a6e0e7fd545cfe02366
中学生ともなると、野球の練習はナイターでもやっています。
Img_a8964ccaafe62d686a0ff1b0cd5a1a98c8f2e3e1
朝日を浴びる常念岳。
いつになったらあそこに立てるかな。
Img_703464669158dbd4916f8c199cce69eacfe869dc
二人仲良くどんな夢を見ているのでしょう?
Img_43bc455a7abac4199b819be2475b41710f2200c9
遊びに来たばぁばと一緒に。
駿平、大きくなったねぇ。
相変わらずポケットに手を突っ込むのが好きな薫月。
Img_c296f5ff899e743d60ce1a40d5219f1419020492
野外保育ひかりの子へ。
出迎えてくれる先生と子供たち。
珠ちゃんの足取りは軽いです。
Img_1f180567f3e3ec3c676660363e9416d0da31e06b
廉太郎の通う中学の学園祭。
教室に展示されている廉太郎が描いたハサミの絵画。
力強い表現と色使いにばぁばが絶賛。
Img_dc6b80e1674393e71e9805966693b0418f96258b
午後、クラス対抗の小さな運動会が行われました。
大縄飛び、二人三脚(三人四脚)、クラス全員リレー。
この学校に伝わる伝統です。
1、2種目目は成績が奮わなかった1年2組ですが、
3種目目のリレーで1位になりました。
アンカーの選手がゴールした瞬間、クラスの面々が最高の笑顔に!
担任の先生が最初から最後まで熱く応援する姿に心打たれました。
学園生活、青春の1ページ。
Img_4c41f0aed1f29d570aa031cb2143e8b0a761d5de
父さんの一眼レフで珠ちゃんが撮影。
大きなカメラのシャッターを切る小さな手。
いい写真です。
Img_83976c4a7ee5cd8e87b8d3894df255cb6c457f81
日が暮れる時間が早くなりました。
穂高の山々は静かに眠りにつきます。
Img_2a50d55de65fbe62b8889ebcc18feb5ccb42e5df
クラス対抗の合唱コンクール。
合唱と言えばちょっと難しい唱歌などが定番かと思っていましたが、
今はコブクロとかゆず、いきものがかりなどジャパニーズポップスが主流の時代。
WE ARE THE WORLDを歌っているクラスもありました。
時代は変わりましたね。
1年生全体で歌ったのは、H2Oの「思い出がいっぱい」。
名曲です。
Img_5c91f3ee37d4a1e016b6f5aa6426d4fdf99a9298
Img_c6197951070013fbf280e279e0afbe139de085f9
Img_ecd01bf913aaf668f332e44b6bcce08a4e5d2191
等々力町区の9部落対抗区民運動会。
台風はどこへ行ったのか、快晴の空の下、ご近所の老若男女が集って汗を流しました。誰でも楽しめるようにプログラムされた競技。お椀ですくった水を一升瓶に入れる競争や、輪投げ、空き缶転がしなど趣向をこらした競技が面白いです。子供たちはかけっこや靴飛ばし、宝探し、大縄跳びなどに参加。それぞれ楽しんでいました。僕は二人三脚リレーとリレーで全力疾走してきました。
昨年は優勝した美岳町ですが、今年は準優勝。子供たちも良く頑張りました。