Homebase Diary
Text Size :  A A A
  diary  |  hotaka  |  profile  |  works  |  bbs  |  contact  |  Link  
Img_d53a5ef82effecb5115f21147743ab9a
Img_2a505a8b1de60b91c91ab86c417b4d77
Img_340ea3bc8ce7727348b2b3bfbc3816f4
昨年秋に全国各地で行われた「第10回ホームムービーの日」。
各会場の世話人が集まり、それぞれが持ち寄ったフィルムの上映会。
会場は牛嶋神社です。
世話人の中には、NPOを立ち上げてフィルムや写真のアーカイブ活動をしている方や、
フィルムの保存修復に携わる方など専門性の高い方も多くいらっしゃいます。
上映された作品は、時代、場所、それぞれ違うけれど、ついつい魅き込まれてしまいます。
個人で記録した映像には純粋に被写体を記録し残したいという思いが宿っているんだと思います。
現在進行形で自分の子どもを撮っている柴田さんの映像に、8ミリの良さを再認識。
今年は僕自身も撮影にもチャレンジしてみようと思いました。
親睦会は両国の蕎麦屋の玉屋さん。ご店主の原さんも絶好調。
楽しい会になりました。
Img_ce05c7a123630fcce3c41b4062b4c95f
収穫後放置されたままのトマトか何かの茎が枯れて土に還ろうとしています。
こんな姿が愛おしく感じます。
Img_a8b01985a214bc029196da57c2623707
松本の道場で駿平と薫月の柔道デビュー戦。
駿平、団体戦の3番手として出場。
初戦、緊張の面持ち。相手は女の子でしたが、
開始早々果敢に攻め、相手に隙を与えません。
次の瞬間、相手をビシッと投げ飛ばし一本勝ち。
まだ習っていない振袖払い腰という技だったそうです。
団体戦、他の選手たちも順当に勝利。
その後の試合も着々の勝ち進み、なんと団体戦で優勝という栄光を掴んだのでした。
個人戦では2回戦敗退となりましたが、華々しいデビューを飾ることが出来ました。
薫月は個人戦に出場。初戦、抑え込みで1本勝ち。
必死になって押さえ込んだので相手の子は号泣し、自分で立ち上がることも出来ませんでした。
2回戦は大きな選手相手に瞬殺されてしまいました。
勝った負けたのデビュー戦。
勝負の世界の魅力を十分に味わってきたようです。
Img_76e0c7d9ba606bde294d9f28405eeb1c
満願寺へ向かう道で車が立ち往生していました。
道が塞がれていたのでブレーキをかけて車を止めると、ツツツ〜と車が後ろに滑りはじめました。
危ないっ、と思い4駆にしてしっかりブレーキしてようやくストップ。
立ち往生していた車を見送り、これ以上先に進むのを諦めバックで後退。退散しました。
雪解けしてもまだまだ氷点下。
自然には逆らえません。
Img_e8f943b2aaa84549824419a2521e94fb
雛祭りということでちらし寿司。
みんなの活躍と雛祭りを一緒にお祝いしました。
安曇野滞在時間22時間。
またしばらく東京生活が続きます。
Img_a7484366d930d1904c82f749f752aea7
イヤホンしながら宿題中の廉太郎。
みんなに「うるさい〜」と言われるほど大声で歌を歌いながら。
これでも勉強できるのかな?
Img_f94ce06dc87ec8a5741cb3741fb380bb
大学の友人が営む床屋さんへ。
友達の家にでも遊びに来たような感覚。
久々の再会にお互いどんな顔して会っていいのかちょっと照れ臭い。
どこから話をしようか?何を話そうか?
10年以上会っていなかったので、お互い探り探り。
こんどはもっとゆっくり話したいね。
Img_22ac1a27c702a5dd07fbfc61a35add6a
ビーチバレーのオリンピック日本代表の朝日健太郎さん。
先日の東京マラソンで初マラソンを経験し、すっかりマラソンに目覚めたそうです。
この週は皇居で一般ランナーと一緒に走るというので、朝からちょっとだけ合流してきました。
やはり遠くからみればすぐにわかる長身。30人ほどのランナーを引き連れて楽しく皇居を走っていました。ロンドンオリンピック後に引退を表明しても尚、アスリートとして新たなチャレンジをしている健太郎さん、応援してますよ!
Img_76eee41f89b224f8f6efdf68f06950fe
ムカシネマという番組に出演してきました。
爆笑問題が司会で、NHKアーカイブの映像などを中心に昔のお宝映像を発掘する番組。
僕は自信の活動など、地域映像アーカイブのことについて話してきました。
とはいえ、緊張してしまい言いたい事もろくに言えぬまま収録が終わってしまいました。
反省点多いです。まずははじめの一歩として観てもらえたらと思います。

 3月30日(土)21:00~23:00
 BSプレミアム 番組名「ムカシネマ」
 ※放送される映像は、三好が集めて来た映像ではあるものの、
  NHKが再編集しているので三好の作品の雰囲気とは全く違います。ご了承下さい。
Img_2770e322bd1c2a4102671c4db0d4558b
Img_0f97f177f4c92ba908790f2c82a01944
Img_833cbaaa313218c0e9b919a7e97b69b5
映画「あだちのきおく」のサウンドトラックのレコーディング。
区民の方から集めたメロディーに音楽環境創造科の学生が編曲。
プロのミュージシャンを招いて、先生と学生が一体となり録音をします。
弦楽とピアノの深みのある音は、今回の作品の軸になります。
レコーディングが進むにつれ、どんどん気持ちが引っ張られていくのがわかります。
わずか4時間ほどのレコーディングの間に15曲を録音。その後ミックスして完成。
311から2年。鎮魂の思いを抱きながら楽曲が出来上がっていく様子を観ていました。
あとは編集のみ。気持ちを引き締め直しました。
Img_d0e343ae72f29d96c623509e1d174ee3
デザイン科を去る教授と助手さんたちの送別会。
全員揃わなかったけど、なかなか珍しい集合写真。
こうして集える日がいつかまた来るといいなぁ。
Img_413ea679eba42cb0a08940c9a55f77f2
足立区制80周年記念事業、あだち8ミリフィルムアーカイブによる映画「あだちのきおく」が完成しました。
アーカイブというもののあり方を自分なりに日々考え実践していますが、
その答えのひとつが示せたと思います。
フィルムの劣化は待ってくれません。
この形を他の自治体でも実践していくことが急務だと思います。
Img_7a1fb865d214336695e023be5e796f9e
近所の畑には秋に植えられ、寒い冬を越えてきたタマネギが顔を出していました。
春です。
Img_daf7ecc20b254354546d55e210292ce4
春の日差しの中、ヒバリがさえずり、とんびが遠くで鳴いています。
Img_87b21fd26c9c750c96d458494ad4f770
隙あらば読書の廉太郎。
お手伝いもよろしくね〜。
Img_e706923d7aecd255c95ab5de23b38d41
お米のとぎ汁で顔を洗うとスベスベお肌になるみたいです。
これがやってみると気持ちいいんです。
捨ててしまわないで再利用出来るものっていろいろありますね。
Img_75b9227d5a95a79f801130c44be28a7b
地球儀を前に、宇宙を見る薫月。
君はいったいどこへ向かっているんだ?
Img_dde19d2a30772cfb66994f37060318ae
朝の食卓です。
人数多いなぁ。
Img_c21f7d97cb4c0ed28b72be09e304b04f
「生きとし生けるものが幸せでありますように。頂きます。」
我が家の食前の挨拶です。
Img_fe7caab224360c3d35783b4345788915
久々にラッパを引っ張り出して来て吹く廉太郎。
音を奏でるっていいな〜。
Img_d66aa7eddd8e80e365ee64fc0d6ba966
ゆきちゃんも春の日差しにのび〜っとしてます。
Img_5088094566c022b7fcaf657cbe4735d8
二重飛び50回。
春休みで体が鈍らないように。
満願寺の水汲み。
あまりに春の日差しが気持ちいいので、
子どもたちにカメラを渡して「春」をテーマに撮ってもらいました。
Img_2f1ea7c64dd5d292db29efc465d0a1ed
「命水」駿平撮影。  見慣れた水の流れが、キラキラ輝いています。
Img_ee50b7fa2cd93711f7cf923c041e35d4
「ぼくにもカメラかして~」と薫月。駿平撮影。  二人の関係はいつもこんなですね。
Img_5ea8e52fec83d2d90900b7a8bcf36201
「たま」  これは大輔撮影。気持ちいいので地面に寝転んで。
Img_4cbeafde41fcdee67d9eabb9ae38ab9a
「太陽」駿平撮影。
Img_6db4bf066e90252ad982e626b74dec5a
「とうさん」駿平撮影。
Img_e53d2b298f8ef6db0a8d528c973e3b49
「弟たち」廉太郎撮影。  優しい眼差しです。
Img_98accbd463c0a837752e44e0a587ec21
「日差し」兄と弟。春の日差しの中で。駿平撮影。
Img_166d625a2480b42c83b94e3b602dd570
「水の音」薫月撮影。  苔むした石の奥を水がサワサワと流れています。  音が聴こえてくるかな?
Img_4a3eac54a4c01a23953eb6ffd510833d
「残雪」駿平撮影。  雪解けの季節ですね。  春がこんなに嬉しいのは安曇野に来てからです。
Img_e1b3ee8b0ecf40b9673b73265be95fe3
満願寺の自然はこうして守られています。
Img_3982c30361fd3f345ef68e98f5631b18
部屋の中が肌寒いので、外の日差しの下でお昼ご飯。
日差しをいっぱい浴びて、気持ちいい~。
Img_81d940f798fb8ebcd31baf4116b4403e
Img_df42d80ba79864f1f2b2c081aad6c1fc
兄「なぁ、おまえもってくれよ〜」
弟「や〜だよ、兄ちゃんの仕事だもん。兄ちゃんがもってくれなきゃ。おれ・・・や~だよ。」

ゆきちゃんはこの二人を見て何思う。
Img_7e8fc7e1fea5a1ad31667378a693daa5
駿平がつくった版画。
朴訥としていて安曇野の空気が流れているような味わいを感じます。
Img_7bf262fae93e34fef07bf87da1015e93
玄米ご飯に梅干し。
梅干しは種の中も食べます。
Img_d5a95e373bb696bec2e0585a0fd652ca
親戚ではないけれど誰よりも大切なおばさん「ハイジ」の古希のお祝いがありました。
妻が幼稚園に通っている頃、遠足に保護者の付添いとして行ってしまうような近い存在。
介護の仕事や学校のお手伝いなどをしながら、健康管理のための水泳も欠かさない。
三好家も子育てが忙しく手が回らないときなどは、いつも手伝ってくれます。
仕事の面接の時、会場への急な階段を一気に元気よく登った姿が面接官の目にとまり採用されるハイジは70歳を迎えた今でも元気溌剌としています。
いつもハイジのまわりには愉快な空気が流れているので、介護の仕事でもひっぱりだこなんだそうです。70でもまだまだ元気。こんな風に年をとっていきたいな、と思います。
70歳おめでとうございます!
Img_94350c3a137a34595c2bc9aaa20de862
あそこでプレーして甲子園に行きたい。
子どもたちの憧れの場所です。
Img_cfc0edb0c16cc03e53bd443b4c213360
小金井の実家から野川公園へ朝ラン。
桜も咲き始めています。
Img_a8a72d0a5c2066608adeeb0502782196
くじら山からダッシュ!
Img_1ef2aedd49df74581b9906359ec3538e
たまちゃんが描いたとうさん。
電車の中で。
大自然に囲まれている三好家が六本木へ。
六本木ミッドタウンの中で21_21へはどのように進んだらいいのか解らなくなって、
桜色の服を着た受付の女性に「デザインあ展はどこですか?」と尋ねました。
「で、ざ、い、ん、あ、て、ん」。
使い慣れない響きを発する時の緊張のような照れのようなこそばゆい感じ。
この浮ついた感覚からきっと新しい何かがはじまるんだろうなぁ、と思いながら会場へ。
Img_8a66b598fdf5cbca7d879e2f25d60830
「デザインあ展」。
入場したところから楽しい空気が漂っています。
「あ」をモチーフに、立体、平面、映像、音、様々なアプローチで来場者とコミュニケーション出来るしくみが散りばめられています。
Img_019513dd917df69017939511c03ad56b
Img_2034a25b335ffcf6aef3cf2b5508dfa3
Img_6cb387ac60e68bb2b938fb5782565459
「最新の技術」や「アイデア」と「デザイン」が出会った時に「あ」っと思えるのがこの展覧会の狙いなのかもしれません。
おりがみ。動く「あ」、積み木のお寿司など、子どもたちも夢中です。
Img_568301faf4dba7007b41e03bf206a699
Img_c3dd609d64c5b7d0dc46996a8ee66301
Img_1148a0966355e7ce960817295331a853
今回、僕は「音メガネ」という作品の撮影で参加。
メガネをかざすと映像が見えるという不思議な作品。
takramの緒方さんのアイデアをtange filmの森下さんがディレクションした作品です。
撮影も楽しく、子どもたちに楽しんでもらえる仕事に関われて嬉しいです。
Img_51bdad095ae308be91a452d511ffa622
Img_33fb8c1f1aaa801d1470cb2c8a1bc155
Img_83798757b315427c0755e7747bd65fc0
帰りの電車があるので、まだまだゆっくり観たい気持ちを抑えながら会場を後に。
いい刺激をもらいました。
Img_a01715e6802edce0b956f68f95c6f177
東京はすっかり春です。
Img_0c705da39a95fb19c5347547a3c599e9
映画「あだちのきおく」の完成上映会が、東京藝大千住校舎のスタジオで行われました。
映像協力を頂いた方や、作曲で参加した小学生たち、そして抽選で選ばれた区民の方々が大勢来ています。
50年ぶりに自分の姿を観に来てくれた方もいらっしゃいました。
Img_315cd0224b9fcb4a3c27bc9a6c04d382
音楽環境創造科の西岡教授。
このプロジェクトの発起人です。
音楽監督として区民や学生を巻き込んで素晴らしいお仕事をして頂きました。
西岡先生とは、デザイン科の授業や丸の内のプロジェクトなどでもご一緒させて頂いています。
Img_1062b1bc73307bac88f03d2caebad554
上映会の前には「日本の歌コンサート」が行われ、昔懐かしの唱歌などのメロディに会場が暖まります。
Img_b89954e65cb284f9cc332f7b138dd0fb
Img_8533d8c1729ff8386f6b02042d3e0ab9
Img_c1d68ffbaa63f09a8c8ac6a1995f6e1c
作曲や映像で協力して頂いた方々です。
この映画には本当に多くの方々が参加してくれています。

上映がはじまると「懐かしいな〜」なんて声が聞こえてきます。
意図しないところで盛り上がったり、笑い声があがったり、お客さんの反応を楽しませてもらいました。
上映後、お客さんたちはみな懐かしさを堪能してすっかり笑顔になっていました。
「す〜っごく良かったです!」「他でも上映しないんですか?」「お友達にも勧めるからもっと上映してね」と暖かいお言葉をたくさん頂きました。
「ただの8ミリの映像がこんな素晴らしいものになるとは思わなかった」と映像協力して頂いた方にも喜んで頂き、ほっとしました。
「うちにも昔撮ったフィルムがあってね〜」なんていいながらニコニコしているお客さんもいます。
足立区では今後、この作品を広く観てもらえるように上映会などを企画していくそうです。
機会ありましたら、是非お足を運んで下さい。
Img_3bc29e6c1e0fda505aa11da007a72cda
2009年3月
Img_e58deca57c900cd27784fb09bdfc0c07
2013年3月
藝大デザイン科の謝恩会。
学生だけでなく、助手さんも、教授もそれぞれに旅立って行きます。
そんな中、何よりも驚いたというか感動したのはデザイン科で講師を務めるアニメーション作家の森下さんでした。
2ヶ月前に一緒に仕事をした時は100キロ近い巨漢だったんですが、
その翌日から食事と適度な運動で15キロ落としたそうです。まるで別人です。
撮影時、「走ること、食の大事さ」について話をしました。
不自由そうな体をで「いつか・・・」と言っているので、強引に「いつかじゃなくって明日から走ろう」と誘い出しました。それから2ヶ月で見違えるような姿に変身したのです。
ちなみに森下家では健康的にやせることを「三好化する」と言うそうです。光栄です。
Img_252b6147eb2e39779e49510522971dce
明日の夜、NHKの番組に出演します。
お時間あればご覧下さい。

3月30日土曜日
NHK BSプレミアム 21:00-23:00
「ムカシネマ」 司会 爆笑問題
Img_4994f8c0ff80f99832fce1ff77405e88
ただいま~安曇野!
久々の穂高は春です。
Img_e4ea2191ea5a91e4b2b6d201e609d769
年長になるお友達がやってきました。
今日は1泊で三好家の子として過ごします。
お兄ちゃんたちに囲まれて、いつもと違うご飯です。
Img_d8dc42d587080205c8050cf6d0f2d3cb
ふんわりと輝く夜明け。
ここにも春が来ています。
Img_656cd12d838eb92c8d6c3969d118500d
用水路に水が流れはじめました。
脇にはつくしが群生しています。
Img_0168e92a6a566441505ad0ed88913da4
薔薇が咲きました。廉太郎作。
こういった彫刻をするのにも全てお手本があって、
その中からセレクトしてトレペで描き写して彫っていくそうです。
作画も自分の目と手でやってほしいと思うのですが、これも合理化ということなのでしょうか?
何もないところから生み出す力を養っていかなければと思います。
Img_694e6fa72c7bb59b410737ceadbad33c
薫月、今朝は弟と妹に絵本の読み聞かせ。
優しいお兄ちゃんだなぁ。
Img_281b6da924eade942017c7f3e185983e
Img_ad79b13b80beb899258d6932645f8999
Img_8a91e7ec07d66ab1f06bc6afc061bea7
長峰山へ登ってきました。
醍醐兄弟にとっては庭のような山。
何度登ったか数えきれないくらいだそうです。
北アルプスを一望できる長峰山山頂にあるパラグライダーのジャンプ台。
高度感抜群です。
いつも暮らしている場所が、小さく見えています。
あれが穂高神社で、あれが南小。
思いつきで来て良かったな。
Img_a61310147c8cb2689429e44015bd0476
お兄ちゃんたちが先に行ってしまって、残された寿栄くんと珠と僕。
「こっちが近道なんだよ~」っと寿栄くん。
親譲りのガイドっぷりまで披露してくれました。
頼りになるなぁ。
足下にはまつぼっくりがたくさん落ちていました。
Img_ab2121e341f20ad8632e294209e2c089
とうちゃんの18番。
冷やご飯をにんにくで炒めてエノキを少々、塩少々。
しっかり焼けたら、お皿によそってポテトチップをかけるだけ。
子どもたちにも大好評でした。
Img_fb04bd077d311e84885cc803efefe8e6
かあちゃんが日中味噌仕込みに行っていました。
お豆腐も手作りで作って来たので、夕食は湯豆腐。
色々加えず、昆布だしとちょっとの塩でシンプルに頂くのが美味しいです。
Img_261a2cebd711fb7e2d20c6d02941acb6
今年初めて虹を見ました。
安曇野の虹は天国に近い気がします。
ジョギングから戻るとすっかり消えてなくなっていました。
Img_5749db9e7838feecc96a3763ca5dfb90
半年くらい前から我が家の定番になった酢大豆。
酢揚げした大豆を昆布入り酢醤油に一晩以上ひたします。
これがあればご飯がいくらでも食べれてしまいます。
美味しいので、父さんは瓶詰めして東京に持っていっています。
Img_1039cb603dbb5c42e9935c81e673a4ec
駿平の詩です。
最後の2行で涙が出ました。
Img_d37ae7e9d5b025e6f51c386bf39bb422
数ヶ月ぶりに畑に出ました。
足下には小さな小さな春が来ていました。
Img_a195711c3c67bad43b61c8419c7e1d94
ネギを植え替えました。
子どもたちにも手伝ってもらって無事完了。
今年も畑の季節が始まりました。
Img_8c15826e8f63a3c8a700bc13aa120e9e
西海岸気取り?な薫月。
サングラスしてクネクネとブレイブボードです。
Img_87da13fed36c5120c8a7696a03e6002b
Img_7e060d185a1c1f80c71b4cbd3a83be40

「うちの敷地にフキノトウがあるからとりにおいで」とササに声かけてもらいました。
さっそく採りに行くと、褐色の大地から鮮やかな黄緑色のフキノトウがあちらこちらに芽を出していて、春の知らせを伝えているようです。
大地の恵みに感謝。
家に帰ってから子どもたちは「ふきまんぶく」の絵本を読んでいました。
Img_51c1000acee9016c1b14f1a0e92c2d7f
ササの畑から見た安曇野。
こんな景色を眺めながら暮らせるなんて羨ましいです。
我が家から車で走って10分で、空気もすっかり変わります。
Img_452af53afb3ede255c95b269f1dc299d
NHKの番組に出演しました。
反省だらけです。。。
でも、こういった番組に関われたことは、いい経験になりました。
爆笑問題も素晴らしかったですが、伊集院光さんの言葉がよかったです。
「三好さんの仕事はタイムマシーンをつくっているようなもんだよね」と。
有り難い言葉に、一瞬にしてファンになってしまいました。
芸人、というのは人と人の「間」を繋いでいく天才なのだと思います。
Img_42719c0f9f61a882ee627edcb26ad010
生まれ変わったら何になりたい?との問いに、
珠希はうさぎさん。
薫月はチーター。
駿平はトンビ。
廉太郎はタカ。
母ちゃんは雲。
父ちゃんは桜の木。
それぞれの性格が出ているようです。
Img_23f0f0e3ae148a5c7e653688fa6589f7
ユキちゃんの散歩ついでにジョギング。
体動かすのは気持ちいいです。
Img_984ce41bfc136300994454626155c251
ユキちゃんの散歩。
駿平もユキちゃんも早すぎてピントが合いません。。。
Img_288324fe087385a5ed36cb4197cc28c3
夕食前の時間、
我が家の前は子どもたちの遊び場になります。
自由に走り回れる空間があるのは有り難いです。
Img_66ca39e59718149f0304c45f5a714fe8
食卓にはいつもよりちょっと豪華な玄米プレートが並んでいます。
今日はいつもお世話になっている方を招いての食事会。
乾杯をして楽しく夕食を頂きました。
食後は父ちゃんのつくった映画の上映会。
行ったことのない場所のフィルムだけれど、
子どもも大人も最初から最後まで食い入るように観ていました。
フィルムが繋ぐ力を感じた上映。
一番辛口の家族に楽しんでもらえたことは何よりも嬉しい。