Homebase Diary
Text Size :  A A A
  diary  |  hotaka  |  profile  |  works  |  bbs  |  contact  |  Link  
Img_86e6ab8117b252e368c413555a2d2cd1
窓辺に几帳面に帽子が並んでいます。
廉太郎が釘を打ちつけたようです。
野球帽は折り目がつくように洗濯バサミではさんであります。
Img_213ec7714872934c70fa3df457ae385a
本日仕込む醤油の大豆を、予め注文してあった明科のお店に買いに行きました。
お世話になっている農家さんの指導のもと、昨年からはじめた醤油づくり。安曇野産の大豆は貴重です。
Img_3355792712682d751860c1d8e8c1000b
我が家では、いつも宮田さんがつくる玄米を頂いています。
農薬を使わない合鴨農法で作られたお米は素朴で味わいがあります。
田んぼのこと、醤油のこと、宮田さんから多くのことを学ばせて頂いています。
Img_7e49ba4ee8dc43b290a20893be99590b
醤油の仕込みに向かう途中、
薫月が学校から帰ってきました。
普段、家で見せている顔とちょっと違う気がします。
Img_0994b242693be45b0f38ef6767d661d9
新たなチームで醤油づくりがはじまります。
つっちーのお宅で準備開始。
こだわりの醤油づくりになりそうです。
Img_ef7ccfd31d39df3e7511873e4dc0e315
Img_a3b8ba1cea2f29fe01000c92d8fddd1a
Img_f77cbab0ed4f980a2e6bc941cf0fca55
麹菌が舞ってそれを吸い込むと熱が出るそうで、
みんなマスクをしての作業。
大豆と塩を丁寧に混ぜ合わせていきます。
2樽仕込むうち、ひと樽は沖縄の塩「うみたま」を使っています。
Img_25d1d9d2cb00e72e669836321dd70a22
すっかり我が家のホームドクターとしてご活躍頂いているつっちーこと辻野さん。
子どもが捻挫したり体の不調があると、いつもつっちーに来てもらって体の調子を診てもらいます。柔道整体師であり食養生の先生でもある彼の施術はとても丁寧で子どもたちも納得しながら体を治していきます。
頼りがいのある友人が近くに居てくれると、とても助かります。
Img_656c69a4fe4505bf478a241209e7355d
お土産でもらった太陽光発電のライトを、窓際で律儀に充電していました。廉太郎の几帳面な性格を垣間みた気がします。
Img_80a9558e406fda3a926a3379e512f3a3
珠ちゃんの描く絵にいつも幸せを感じます。
Img_9846970a85764455af38ecc7363736f0
毎度のことではありますが、安曇野の夕食は本当に健康的で美味しいんです。美味しい食事がいい体をつくっていくことを実感しています。
Img_1d746659cca28d9261525ecf4289681f
先日、お向かいのお宅に赤ちゃんが産まれました。
なので、我が家の夕食を少しだけお裾分けしています。
運ぶのは珠ちゃんのお仕事です。
Img_7650db9b8ef1434b79572527795af4fc
朝日に会いに走りに出るのが日課の妻。
東京で崩れがちのリズムを妻に合わせて立て直します。
Img_917fbe738c3070a79515d39d81a8fffa
出ました!
Img_1fd9a581487615e0e7486d8a4f88c29f
我が家の庭に山椒の木があります。
葉っぱをちょっと触っただけで、いい香りがします。
Img_3ed0452788219834affbdff9e6819dde
東京から電車での帰路、大糸線からの景色は本当に素晴らしくって、
水鏡の中を走る様子は、千と千尋の神隠しに出てくる電車のようです。
Img_10bf7308c20221d57136c49fe7588739
友人から届いた小包。
貼ってある切手に、ちょっとした心遣いを感じます。
こちらから発送する時にもちょっとしたセンスある心の余裕も一緒に届けたいですね。
Img_7f04d302c6a83defed78e6275bf0e7eb
Img_6ff719c258c4247e3b1c167204fdea70
ユキちゃんと散歩。
後から子どもたちも合流。
田んぼに映った影が影絵のようでした。
Img_995d72c4f13fdcb21da54b66818a6666
Img_aa4b1c4b442a396f72a845ebd88aabe2
散歩しながら鬼ごっこ。
薫月はブレーブボード。
以外にスピード出るので、こちらも必死です。
Img_609046feb41f0e426d675465f5a3d9b3
兜で遊ぶ廉太郎。
なかなか似合っておりますよ。
Img_5ee6cb7e2194c6862438986334f42794
Img_e2a98d78a1e9ee6d6612182ef2ae12d1
憲法改正反対の意見広告に賛同したので名前が載りました。
未来をつくる子どもたちのために自分たちが出来ること。
やるべきこと、やらなければならないことが山積みです。
Img_2bd050529f986e9e1bf6838dadca7220
朝です。
Img_963bf96a2460e42868643f2356e21b1f
週末の朝はおにぎりの支度に追われます。
焼きおにぎりは子どもたちにも評判がいいです。
フライパンでじっくりと焼いて、最後にさっと醤油をつけて焼き色をつけるのがお好みです。
Img_5db1c3466d8755a1799fc45d026a1f46
山麓線を少し上ったところにある桜。
立派な桜だけれども、花見客が居る訳ではありません。
ただそこに立っているだけです。
Img_487c374c6ef58537b3df048b1a6aab0e
幸せになるためには、あまり周りを気にしてはいけない。
Img_96571cc666234c2187afe305d7ec9352
トレーニング後のひととき。
Img_056bb8af352ea67ce6a03d4e2874effa
Img_d318947644f1ebe30a3c160be0226c8f
廉太郎の試合を久々に観戦。
ひときわ小さい選手が廉太郎です。

あ、ヒット!!
Img_b9904070a38b5d834d621153381c0570
Img_22ec973adbed2a34d6a95567bf9ec4d2
Img_a6b4d8ed5dc90b01a57177d9be742bb6
Img_6386791a27f8379b4cdd9298e9237919
ササのお庭に自生しているこごみ。
なんだかやんちゃな子ども連れた夫婦に見えてきます。
Img_ad7571804f3eb38d11d6f02ed207a627
春の野草を摘ませていただきました。
Img_d20eaee87efbcbd21e8c17868ad8f325
全く無意味な行動が子どもたちにとっては楽しくて仕方ありません。
水路をじゃぶじゃぶ、水の抵抗を楽しんでいます。
Img_9caa978d179fa43125b46fb0ed31352d
珠ちゃんは台所のお手伝いが大好きです。
包丁もずいぶん上手に使えるようになりました。
Img_92e4a04d79948f0837a4aaf1e7950b74
全身360度から朝日を浴びる妻。
いつか「太陽みたいな人になりたい」って言ってたっけ。
すでになっていると思うよ。
畑の畦に生えているお花。
名前は何て言うんでしょう。
Img_c1229c33aa4726c22d4d4ca3689c722c
珠ちゃんと薫月が寝技の練習してます。
Img_13adcde378e613dda5d8090f14d1fdb4
Img_2f7ffa9cec9977ea62fb326eec322d76
Img_c9418b66b1d5063c186b54bf0d5636fa
近くにありながら中々足を運べなかった木崎湖へ行きました。
観光ではなく、ジョギングで湖畔を1周です。
湖畔を走っているとキャンプ場があり、そこへフラフラ〜と吸い寄せられるように走っていく妻に、「あれ?たかはしゆうこ??」
とキャンプ場の管理人の女性。なんと中学時代の同級生でした。
「顔」ではなく「動き」で中学時代の同級生である妻を識別したらしい。どうやら妻は独特の動きをしているようです。
Img_ce205e18329024ec3eaabc987e0ce0f2
Img_695b9e9c68473a3df3d94f28020c1b38
Img_4b4c558ee8516af5f2a626cfccd62943
湖畔の空高くを色とりどりのパラグライダーが飛んでいます。
遅い春がこのあたりにもやってきています。
Img_528648a681be2e1ab477df47d9ed99e6
Img_e969a125b41ff0f4725ee9a2a843a87b
Img_624ee8866c471edb627baf14b6ca5bd5
帰りに中綱湖にも立寄り散歩。
休日らしい一日を過ごしました。
Img_4356919cd876ce456202f8521113095a
Img_6f37a2b11d95102148b3fbcbf4977084
ついつい撮ってしまいます。
Img_25367cacb6907c54d0e93d60bedfaf38
とんびとからすが縺れあって飛んでいます。
遊んでいるのか、喧嘩しているのか。
Img_e9744e5de0002b81635a1c81c21a52aa
Img_6c5ce9b544a378e1f94e4ab6f977dfd8
庭で竹墨の掃除。
墨のまわりに着いた煤を落とします。
単純作業が心地いいです。
Img_9631abe161b522fb5ee40127ae983fc3
薫月が撮りました。
二人の表情がいい写真です。
Img_97370dde66ec559af0af6d6699a318df
近所の大工さんに頂いたこごみ。
このあたりで採れるものとは違って、太くて歯ごたえがあります。
新潟の山で収穫したそうです。
本物の味覚は野性的です。
Img_224eeabe4167d256b708790386124524
大町で購入したお煎餅。
中に黒スズメバチが入っています。
食べれる人はへっちゃら。
ダメな人はめっきりダメです。
Img_d9fd68e3744850907cf31c2b77649003
Img_8ac54a453a4fb3f05445e8f8616cb62d
ボサボサ頭をカットしました。
ちょっとさっぱりしたかな?
Img_6dd46b31797e44bde9c65d46031f205a
Img_ed3b99bb131303fa6cfeaa65da1bd27b
Img_966a33806742b3f8eb68a8d68542cbec
外の空気と一緒に食べる家族が最高の味付けです。
Img_ccbe3c6128b948e65e37da4d05fcf55a
去年の夏、駿平が設置した雨水タンク。
樽を掃除していると、底に文字が書かれているが見えました。
昭和貳拾貳年参月。
60年以上も前につくられたものが、今でも利用出来ているということは、昔のものづくりが本物だった証拠です。
Img_180a339f0bb7230c50305c7db9eb496a
水鏡に映った街並がラピュタの城のように宙に浮いて見えます。
どこからが空でどこからが地面なのか。
幻想の世界のように思えていた景色が眼前に広がっている不思議さったらありません。
Img_9bf2e584b58f816286687f70e82f1115
みんなの耳が朝日の光を受けて赤く光っています。
♪真っ赤に流れる僕の血潮〜
Img_62d1cc490e096415e6a99bc97f77ea91
週末の三好家は野球、サッカー、柔道など予定が入り組んでいます。
お昼ご飯はみんなおにぎり。
ギュッと詰まった玄米おにぎりは、梅干し、高菜、ゴマ、焼きおにぎりと種類も豊富。
野球のコーチの分などを入れると、軽く30個は超えてしまいます。
Img_46240705504d42871fc89412e10af8d0
Img_55347f9f128b4646b6e73d26eb91148f
薫月の所属しているチームのグランドの石ころを拾う日。
グランドと言っても、しっかりと整地されていないので、
大きな石も足下に埋まっていたりします。
化石を発掘するような気分で、地面と向き合います。
子どもたちにとってはゲーム感覚。
自分たちの練習するグランドに愛着が沸いてきます。
大きな石が採れると嬉しいです。
Img_7be2afb2fbaa3463ddabf00a28e6199a
ちょっとだけお洒落になってみました。
Img_823292f33109ef8c35d9af3a7f7c46ee
自分たちの試合の前、他のチームの力量を見ています。
凄い投手でも居るのかな?
Img_8854db1e60249fcb30595644a31b977f
久しぶりに駿平のピッチングを見ました。
そこそこいい球を投げていましたが、
気持ちが急いて、いいプレイに繋がりません。
課題は焦る気持ちを抑えられるようになること。
じっくりと取り組んで行って欲しいです。
Img_7d2419db82ded39d23940843613f7b42
母の日、珠ちゃんから素敵なお手紙のプレゼント。
Img_596daae6f26c96799e15e9c83ad02f5d
素晴らしい夜明けです。
Img_10d8137a7795226834ca30c18daa1d62
Img_8cb98faf4e99b53fdf50103f8ea6c235
Img_0a4a58192cbef305e3c69f375de6c98f
Img_43db6481039f5f00485a4f354c25c113
Img_37e81dd416ca5fb7cda44782650fefe1
Img_da097e945341d348f9c58a7b3c66e105
Img_c819b26e7d40ed394a13a0e48e49df1e
Img_3a4f29377bb6f0595fa292e9b6a7d952
Img_5a99faabc4a96623bded3626807afd4b
無性に山に登りたくなって、燕岳に登ってきました。
日頃見上げているばかりで一度も登ったことのない山。
標高2763メートル、北アルプスの女王と呼ばれている山です。
中学になると1泊の遠足で登る山。
この日は平日なので、登山客もまばら。
山頂に至るまでに3~4人抜かし、4~5人とすれ違ったに過ぎません。
山小屋から山頂まで30分ほどは、誰ともすれ違わず燕岳を独占。
山頂は風が強かったものの、初めての登頂に感激しました。
のんびりと山小屋まで戻ったところでひと休憩。
燕岳を望む窓をぼーっと眺めていられる贅沢な時間です。
帰りは軽いジョギングくらいの気分で雪の上を駆け下りました。
途中、持参したラーメンを食べて下山。
強くなった日中の日差しで、残雪もかなり解けてきていて、
歩きにくい場所もありましたが、無事にゴール。
登山口の脇にある温泉でのんびりと疲れを癒しました。
「山に登りたい」と言ったら「登ってくれば」と言ってくれた妻に感謝。山登りを堪能した1日でした。
Img_896c53a00c6bf4b657b0f397cedb6862
幸せが溢れ出しています。
Img_73f1ec6987589eda5e3ef446b8ab3e26
天使の羽が生えてきました。
お手伝い、お手伝い。
Img_171ccbed5086e1dce53f659e4c6cfbe0
麦畑がグングンと成長してきているので、
我が家がどんどんと低くなってくるような気がします。
Img_be68d88411b4f550c3d3b7d7b345d363
さっき登った燕岳を下から見上げます。
思っていたより近い存在でした。
Img_7287dbc87cf8b52adabe08e37085bbd5
縁側で。
何か会話でもしているようです。
Img_5134b23df4336adc9ed4c60b2b80e12a
厳かな雰囲気の夜明けです。
Img_da9e54b536656d9c16e036c6f7f46edf
かわいいんです。
美味しいんです。
Img_875b107b855443d458c8ae37e0014d7a
安曇野市の陸上大会で100mに出場した駿平。
ゼッケン51、6コースを走ります。
一時期完成されていたフォームが崩れ、元の走りに戻ってしまっていました。
しかも電池切れのような力ない走り。
マラソンでもそうなのですが、本番に照準をあわせて体調のピークをもってくるのがなかなか難しいのです。
絶好調で本番を迎えられるように考えなければなりません。
まずはフォームの修正。
走りは全ての基本です。
Img_a5c15efe0ca843f215b554430dda2ca7
自分のイメージする走りが出来なかった駿平。
母さんからの助言もいろいろあります。
ちゃんと反省したら、次頑張ろう!
Img_d00d3c128466b83c0bbe13e6d9d60aef
Img_eac6bb613dee1aa09c8fc4c56e3e3d59
Img_d52cf7bb866a3ce5ddaa793cea2d0562
駿平11歳の誕生日。
プレゼントは数日前に買った真っ赤なジョギングシューズ。
それとおまけに野球と柔道の技が描かれた手ぬぐい。
20日が誕生日なんですが、父さん不在なので一日早くお祝いです。
11歳、小学5年生を思いっきり謳歌して欲しいと思います。
Img_b858e4eacdf9d65ea33ced01d8534825
北区で映像アーカイブ立ち上げの上映会が行われ、そこで「あだちのきおく」の上映をして頂きました。
この日、上映されたのは、1902年につくられたサイレント映画「月世界旅行」と北区で発掘された記録フィルム。活弁士の澤登翠さんとサイレント映画ピアニスト柳下美恵さんに命を吹き込まれた映画は、新鮮ささえ感じる作品になっていました。
その後に上映された映画「あだちのきおく」ですが、予想以上にお客さんたちの反応も良く、上映後の懇親会では「北区でも足立のような映画をつくりたい」と図書館や博物館の方におっしゃって頂きました。
北区はこれから3ヶ年の計画で映像アーカイブを作り上げる予定だそうです。三好は最終年度に参加して、北区の映像をまとめたいと思っています。
Img_df3545ca5b4ab19f4399db5a62ea6084
東京から車を走らせ松川村の田んぼへ直接向かう。
いつも我が家が食べている宮田さんの田んぼで田植え体験に僕も途中から参加。
恥ずかしながら田植えは初体験。思っていた以上に田んぼの中はあったかく、
ヌルヌルした感触が気持ちいいです。
Img_e1c79d1f0fdd0139fef0b1cd85019d7a
珠ちゃんも田植えします。
Img_015bfc1d45b351a1de5d7d18599d4cf2
あれ、珠ちゃん転んでるっ!
Img_6c07129ad2fc5171ea0d89cf8f47c31f
Img_9ec28e21ea9b765dd5f66929223df8fb
ドロドロになった後は、横に流れる水路できれいになります。
水圧が強く、大転倒して全身ずぶ濡れのお母さんも居ました。
珠ちゃんはそろりそろりと慎重です。
Img_bea92848c370ba50ac629f9f08f70fed
今日の仕事はおしまいっ!
Img_7264cd878dfb3dde2b89c321525c4aec
これ、薫月の足です。
「探したけど見つからなかったんだもん」だって。
いくらでも他のくつしたあると思うんだけどなぁ。
Img_574b29ea4500d3931855a5bf0638d3db
午後は野菜のかけはしが新たに借りた畑で畝立て。
暑いです。
Img_926c4f1e9f4228ae674853f0f53f87f9
畑のまわりの雑草に混じってきれいなお花が咲いています。
それを摘んでくる珠ちゃん。
かわい〜ね〜。
Img_6db1b0d500a7d0ec5aabd336474fb2b8
これ、葉玉葱の先っぽです。
面白いなぁ。
Img_0f4fc0e3e7fa0d4b76c9a33f477f0224
30分だけクラフトフェアに行ってきました。
まな板、しゃもじ、布をゲット。
やっぱり、丁寧なものづくりっていいなぁ。
Img_01bda526141324e358fdfb7e5c406078
Img_0371b2285fa43c321d49fe055705a603
近くの公園で醤油づくり仲間とBBQ。
みんな菜食なので、網も鉄板も油っぽくなりません。
子どもたちは裸で水遊びしたりかけまわったり、のびのび楽しんでます。
Img_981d04d9ba4ce27c7f03bcc686b3db24
山麓線を走っていたら、穂高の方に虹が架かっていました。
安曇野は本当によく虹が出ます。
Img_dcc2dbe3dfca086ae0389378d5fdcfb4
家の前の空き地が騒がしいので行ってみると、
近所の家の庭に落ちて来た雀の雛の飼い主を探しているという。
子どもたちが責任もって面倒見るというので、我が家で預かることになりました。
かなり弱っていたので、心配だったのですが、
夜の冷え込みのせいか残念ながら一晩ももちませんでした。
命の大切さを少しは学んでくれたならいいのですが。
こういう時の対応は未だに悩みます。
Img_112b2ffdcd886a9277e5bf3a2d012bb0
廉太郎の好物は「ゆば刺」。
同級生には理解してもらえないみたいです。
「ゆば」は元々は「湯婆」と書くそうですが、
現在は京都で「湯葉」、日光で「湯波」と主に使われているそうです。
Img_e40c73147447cb0470a22655dc5113bf
Img_f3c8e345bafac79d0d41a98f04d75261
電気機関車EF65。
これが会社の正面に置いてある埼玉の会社で打ち合わせ。
今後の展開が楽しみです。
ポスターも素敵です。
Img_71415861a89ea6ef7b086ed79fa18fe6
技術機材の視察で大阪へ。
滞在時間3時間。
弾丸出張です。
Img_b433d98aec1818c5c21566f829ed6e66
今、世界にある映像の中で最高スペックのカメラがおそらくこのカメラ。
フルハイビジョンの16倍の解像度と現行テレビの2倍のフレームレート。
ここまで必要かどうかではなく、技術は前へ前へと進みます。
伝えたいものがあって、そのために技術は進化するものだと思いますが、
今はそれが逆転している気がします。
Img_03b5a6cfe0b67fc0573510bba19f439e
一方、電子レンジのようなこのテレビ。
RGBの映像を別々に流して箱の中の鏡を使って1枚の映像にします。
モノクロではなく、擬似的なものでもカラーのように見える映像に魅力があった時代。
1964年(昭和39年)の商品です。たかだか50年前の商品です。