Homebase Diary
Text Size :  A A A
  diary  |  hotaka  |  profile  |  works  |  bbs  |  contact  |  Link  
Img_3d299720bc7a606e27faaa74126f0f5c
Img_f27f5f50f17155bad546460f64ba7697
霧の中安曇野に到着。
寒いなぁ。
出迎えてくれた薫月。
「父さん、久しぶり~」
Img_3c52d10715aebffde59deb8dbce93032
ハロウィンで作ったお菓子を、
父さんの分だけ残しておいてくれました。
美味しかった~。嬉しかった〜。
Img_72ee92f84b077239b420b4355eeadca4
Img_d5b0f3b98eed3ceca1c848470d4c6ac8
Img_b1c234f4ad0cc376dd42dc57e9cbd742
満願寺へ水汲みへ向かう道。
紅葉が始まっています。
Img_935d4e876176528b4c2acd81f0d8903b
Img_0c9ee8e6cb667a01a14b7582cada648d
Img_5495fb01a097a11523594a0bc8c2723d
珠ちゃんが「走りたいっ」と言うので、
子供たちだけでササのお家まで走って行きました。
珠ちゃんを気遣いながら走るお兄ちゃんたち。
兄弟っていいなぁ。
Img_0dbb2eab9cba10b3c32ddba9e9159c72
Img_9f97ad26b4375804b42f78eeff8cdcf8
Img_595bb558b907da94d7bb39f4c622b94b
散髪はたまに帰る父さんの仕事のひとつ。
髪の伸びた薫月、マラソン大会優勝に向けてさっぱりしました。
青空床屋はすっかり我が家の定番の風景です。
Img_65ec7020a343df801c8cedb9d922cde8
似合うかなぁ?
小学3年生、自分の見え方を気にし始める年頃でしょうか?
いやいやまだ早いような気がします。
Img_36644013d7d1ee9387ff95c89223f937
野菜のかけはしの大豆もそろそろ収穫。
今度はこの豆で味噌と豆腐をつくるそうです。
原料まで自分たちで賄うとは、恐れ入ります。
Img_eb69bddcc4f50a114160d9d882e0c8ea
Img_413dcc270851d722fad60914251097a3
来年に向けて種取り。
在来種の種が貴重です。
Img_feee02e0674fa21118d70f89a2d158cb
あ、キムタクだっ!
Img_1df95da39037d772f5ac256bca9bb064
Img_a8300ee4e5ede931a591f47f9466e436
今日はユキちゃんの2歳の誕生日。
お風呂場ですっかりキレイになったユキちゃん。
三好家の一員としてこの2年大活躍です。
お誕生日おめでとう!
プレゼントに犬小屋用のあったかいシートをプレゼント。
喜んでくれてるかな?
Img_c962152fef01078bc36ee363855734c7
珠ちゃんの作品。
蓮の花から蓮の花。
Img_324337e1335215a77e1ebc5ea4964eb2
庭に椿の花が一輪咲いていました。
Img_7e0adfaa7a23ab943b082843b7e350b5
カリフラワーのスープ、
長芋ステーキ、
白菜とゴマだれ、
大学芋、
春菊と人参の和えもの、
焼き椎茸大根おろし添え。
そして玄米ご飯。
うま~い!
Img_99ff723ccc270c2b02e9758600f959ec
Img_eeeca80e771524d45bf6258bc5671fb8
薫月、小学校のマラソン大会で1等賞になりました。
数週間前の練習の時に1等になっていたので、本番での1等賞にも現実味を帯びて来ていました。
ただ、当日の体調や調子によってもどう転ぶかわからないのが勝負の世界。
あとは本番をベストで挑むだけ。
本番に向けて前の晩は早く寝て当日に備えたそうです。
とにかく最初から飛ばして1番を走り続けると決めていた薫月。
スタートからぶっちぎり1番です。
これをなんとか最後までキープしてゴール。
2位の子が1秒差まで追い上げていたそうです。
有限実行。やる時はやる男なんですね。
写真は母さんが撮りました。
Img_0df187d6293cd295b2ffb1a6979491c1
大学のプロジェクトで能面を3Dスキャンするところを記録撮影。
ちょっとした角度で表情を変える能面の奥深さに触れました。
Img_39565da048ed41defa2106e0d76d87d1
北アルプスが赤く色づいています。
Img_4754e2b81f17f20f276ca6140e5a22de
Img_1b12e03e0b69888a8bd734bed7ae4ecc
Img_a9a75de61f00ea34c752d64896a5d52e
子供たちが通う基礎トレーニング教室に初参加。
普段使わない筋力を使い、吐きそうなほど疲れました。
腹筋が弱いみたいなので、これを機に引き締めて行きたいと思います。
Img_52824d339f57a75c9ecab00269bed9bb
モリス教室で散々走ったけれど、
マラソン大会が控えているので、
帰り道もジョギング。
目標を達成したあとも頑張ってます。
Img_8089265ca6e201540c5036ef43930fb8
子供の寝顔に癒されます。
Img_0f0cf1d44c16cf3d6180954adb930e78
休日といえど、朝食の時間はみんなバラバラ。
一足早くごはんを食べる廉太郎です。
Img_c3cabd7abe864d744bfc39e0a423b44a
ルクルーゼの鍋に張り付いた玄米お焦げ。
みんな大好きです。
Img_0fe70501e1f65f57ee184af3f80c43c5
あ、常念岳が雪化粧してる。
Img_dfe21eefe6890a64872633ee8c36698f
Img_33b36c819a2aef56584551332ba1d28d
来年の春に向けて玉葱の苗を植え、
ネギの種を蒔きました。
畑は家族みんなの仕事です。
Img_151dea9dca29aa8a2809ec9ed1a684bc
ネギ坊主からたくさんの種がとれます。
一粒千倍とも万倍とも言います。
自然の仕組みには恐れ入ります。
Img_b61d2d46349d13475e72f1761aa2f3ef
Img_235c561859170a80fb044e11f97715d8
Img_cd5d41e2d0815f64d51193865696f432
池田町の山奥にある華蜜恋(かみつれ)温泉に行きました。
華蜜恋はカモミールのこと。
華蜜恋のお湯にゆっくりと浸かり体を休めることができました。
Img_d601ac8b53db5e97f97504b7af339298
Img_b0c94601385984665869b71d8dccc6a0
Img_bf76a5ec36be1d547c04366fa432c1a1
温泉のあと、七色カエデを見に行きましたが、
紅葉の時期は過ぎてしまっていました。
ちょっとした散歩に気持ちいいところです。
Img_9fdc368109d1f05261a684f8846c91d5
珠ちゃんバイオリンを習いはじめました。
子供サイズのバイオリンはおもちゃのようですが、
ちゃんと音がなるんです。
いつかキレイな音色を響かせてくれる日を楽しみにしています。
Img_0e8182fadcb0c276d50afb17165fd75a
Img_8b142ee00bdf8a7ebd3419db33e96463
満願寺のあたりも紅葉まっさかりです。
Img_3dd66e5dadbffd146720e7ebeff88a7c
Img_bca9e7ded73b2190d13742f261c94d00
Img_429547085c960a33ac7e2f232acd0123
Img_2d7688ae06abfd48712e9f9c55dedbea
Img_e554d178a53e7c09057380b18613fafb
Img_4d8397dc5132dcc2ea0412ba33179b4d
Img_b915078c11feb04b6cc345705eafcea5
Img_bb2afa6747be15b15bf7989c85223ede
Img_6d81e27d3984dbc6daf196b9fca7d73f
Img_6b36a284f3cd256141c9d22ddf1636fd
Img_0bfe9667b49619a5ea25682210018b8d
仙台へ行ってきました。
復興庁が募集していた「新しい東北」企画に大学から応募したところ、採用が決定しました。
被災地を中心にかつて営まれていた東北の景色を映像を通して復元していくプロジェクト。
これまでに地域映像アーカイブで培ってきた方法論を東北で実行することになり、まずは仙台へ視察。
目的はこのプロジェクトに協力していただく20世紀アーカイブ仙台との打ち合わせ。
午前中はNHK福島で311の津波の映像を空撮で撮っていた鉾井くんに同行頂き、
仙台の沿岸部の被災地を視察しました。
仙台駅から車で20分ほど。
かつては賑やかだった街も、津波で全てを失ってしまいました。
地方ナンバーのダンプが行き交う道を海の方へ向かいます。
車で走れども走れども不毛な土地が広がるばかり。
震災後、東北を訪れるのは2度目ですが、被災地に足を踏み入れたときの空虚感は2年前も今も変わりません。
荒浜地区の一角に写真が飾られていました。
震災前と今を映し出した写真の数々に言葉を失います。
当たり前の暮らしがどんなに大切かを写真を通して伝わってきます。
自然の驚異を前に人間はなんと小さいのか。
この海の向こうから抗うことの出来ない波が押し寄せたことを想像します。
かろうじて残された防風林も風にさらされています。
閖上地区も街そのものが失われてしまった土地。
小高い山の上にあった神社も流されました。
住んでいた場所に被災者が戻ってきた時、心安らぐ場所であって欲しいと、
ボランティアの方々が雑草をとりその土地のまわりに花を植えていました。
「閖上の記憶」と書かれたプレハブの建物に入ると、
そこは、子供たちの心のケアをしながら震災当時の様子を語り継ぐ場所でした。
20分ほどのVTRには、閖上の人々の復興への絶え間ない取り組みが紹介されていました。
午後は仙台の方へ戻り、荒浜地区の被災者住宅の一角にある集会所で、
「昔を語る会」が行われるというのでお邪魔してきました。
20世紀アーカイブ仙台が主催するこの会は、心理療法でも注目されている「回想法」を生かした8ミリの上映会です。
洗濯板などの古道具を見せながら、昔の記憶を呼び覚ましていき、当時の暮らしぶりを思い出してもらいます。
出てきた言葉をライターさんが書き記し、この地域の記録として本を出すのがこの会の目的だといいます。
地道で労力のかかる作業ですが、大切な仕事。
東北に関わっていく以上、こういった姿勢を見習っていこうと思います。
上映会終了後、事務所に場所を移しミーティング。
このプロジェクトの方向性が少しづつ現実的に見えてきました。
東北と正面から向き合い、このプロジェクトを成功させようと心に決めた1日となりました。
Img_d4a832b12c91cfa2f856a71bac65fe49
Img_1f6685649d052a1ba14d431ac6b3e460
Img_2fbaa4b093b651b2f43e3e01261e1d76
Img_bd9886332aa35b8e93420be021e54403
Img_1bf422c5f6c4202cc5ab164734545d40
Img_93eab838f1d39f193fd2f038420f17ca
Img_b3ffd6bf2b221e326bcfe4f68d6516e7
Img_38e52d86dd998cecd6e7b71bd04fc020
Img_d860fb78fd306c074f8a8f57627405fb
Img_a87cc906e05d97446e9c0cc53a34e3a3
Img_b852adf23bc60a4ffb42c0acaf00d65d
Img_7efc313fc84d49e047b7e1cddc46bb41
Img_683db15d79b2e28d4f97a06392feb7d6
Img_dce1ed305ecc3cfec9457ccefa430240
Img_2200f311004ca0ca9e70163e06362ca8
Img_4fad71d27c88d1f97185910f6232a605
氷点下。我が家の畑も凍ります。
Img_cfa3d50d1b2d0cd5b28ab5dbbcd57330
畑に残った大豆たち。
Img_33c68dfb2e9edfba8fcaf25a68c0c998
この冬、はじめてペレットストーブに火が着きました。
寒い土地に住んでいると、
「火は小さくてもあたたかい」という
倉本聰の言葉が身にしみます。
Img_a71cf3b1fa61a0bf79af6963c819a967
寝起きから絶叫の珠ちゃん。
お〜は〜よ〜〜!
Img_ca4899dfa2662fda3b46d2f8d5e8e6fc
部屋の気温も低いので、
お味噌汁の湯気がモクモクと立ち上がります。
Img_15d154d30fb27fcffb728cfb52e5f05a
廉太郎、筆記体の練習。
小文字の「s」とか「r」って、コツを掴むのが難しかったことを思い出しました。
Img_9c2abf4ec71a71153de2d9dd8a8bb3a9
霧の向こうに白く雪を冠った北アルプスが見えます。
いよいよ冬到来です。
Img_fdd8e9448e0e86141804bb8ccce2becb
薫月、安曇野市の柔道大会で優勝しました。
芯の強い薫月。
やる時はやる男です。
おめでとう!
Img_68ab11b919f07126fd7674194532ec1e
Img_1a880432d13950fadfc54e3f6c689645
Img_87cf3c797223e4a54ab280fc9675211a
毎度、大好きな夜明けです。
おはようございます!
廉太郎はユキちゃんと朝の散歩。
二人、仲良しなんです。
Img_65c3bb4a5424d77f1d3762836e24866f
月ではありません。太陽です。
Img_7baaaac7550c1fff4c8be279f9a6475f
珠ちゃんおはよ。
Img_710588cb50f6765e410f1226fd096e4c
「変な顔するね」
 と薫月。
「あっそう」
 とシャッター切りました。
Img_a88b80f398dcdb202cd77e184e4d0d1c
暗闇の中、石柱の上に立つ陰。
さて、正体は誰でしょう?
Img_64567285680128e3369e3f070428a33e
安曇野市の柔道大会が行われました。
駿平と薫月が団体戦と個人戦にそれぞれ出場。
駿平個人戦。初戦の相手と互角に渡り合い引き分け。
くじ引きで勝者を決めるそうで、残念ながら負けとなってしまいました。
くじ引きで負けても負けは負け。
悔し涙を流す駿平でした。
団体戦は、個人戦が振るわなかった穂高チームが気を引き締め直しいい試合運び。
そして勝利を重ね、団体優勝!
みんな凄いなぁ。
Img_f1520a634112f4ebb0398905c1b556a6
Img_e52274e9582e8d52fb613ae268b7da24
Img_e33bdb1d826d598ce8db769a65364385
水を汲みにいつもよりも山奥へ。
この先に常念岳へ登る登山口があります。
次に登るのはいつになるかな。
Img_46ed910fd4554b9b0ae81a542e06e5f0
週末、子供たちと過ごす束の間の時間。
笑顔に元気をもらいます。
Img_b4e152ce4b9ae74ed6ae9fb620ce3591
投げて打って、打たれて負けて。
全力でやっていれば、それだけでいいのです。
Img_980fff939dd698a3417321f0074899ea
早朝、ユキちゃんの散歩。
辺り一面、白く凍っています。
Img_dc97a1da2410a3ddb7692099f6a43c38
Img_04605c9ce1e1a55f8d5d99df22922940
霧の中の太陽。
月のように見えます。
幻想的な朝です。
Img_00c63612224272c84fcb4e5e46e15c6b
毎日の散歩から一日が始まります。
外に出て交感神経を刺激。
朝の空気が一番気持ちいいです。
Img_9db2bd7c0a92280d60cd968a2879699e
サツマイモと小豆の炊き込み御飯。
美味しく頂きました。
Img_26151619a24189f9e8835ad5a211afaa
マイケルジャクソン聞きながら、
歌詞を熟読する廉太郎。
グランドに着くまでのささやかな楽しみです。
Img_a74b4977f96e1b087d91c1054bdd2366
Img_04753496bbfabd4155c38849591d3c66
Img_d3a4cf7e4805a44ee02b63440be51ff7
マラソン大会で優勝したお祝いに、
母さんがナンバーワンのケーキを作ってくれました。
駿平、薫月、おめでとう!
Img_85ebc3591b144f67dfbd361ce3041617
空を眺めて深呼吸。